ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

時代によってコロコロ変わる「死刑」の意味 バーバラ・レヴィ『パリの断頭台 七代にわたる死刑執行人サンソン家年代記』感想

パリの断頭台 〈新装版〉: 七代にわたる死刑執行人サンソン家年代記

 こないだ読んだサンソンの新書が、面白かったけれど若干感情的に過ぎる気がして、もう一冊読んでバランスを取ろうと思いました。

honkuimusi.hatenablog.com

 

 

書籍概要

七代にわたってパリで死刑執行人を担当してきたサンソン家。フランス革命を中心に、彼らの歴史を紐といていく。そこには、時代によって変わる死刑へのまなざし、死刑執行人に対する差別への歴史があった。

続きを読む

妻を亡くした父が67歳でふたたびの恋 becco『父が、67歳で恋をした まさかのシルバー婚活ものがたり』感想

父が、67歳で恋をした。 ~まさかのシルバー婚活ものがたり~

 

あらすじ

母を早くに亡くし、父と二人暮らしになった著者。長い失意の中から少し回復した父は、「婚活をする」と言い出す。恋に浮かれる父と、それをはらはらして見守る筆者は、少しずつお互いの知らない一面を知っていく。

続きを読む

女性におすすめのライトノベル20選

f:id:kazura24:20170922200358j:plain

「#女性におすすめのラノベ」というタグを見つけ、書いてみたいと思ったのですが、ツイートでは書ききれないので記事にまとめました。

ちなみにこのブログにおける「ライトノベル」はレーベル単位で決めています。ただし、一般レーベルになってももともとがライトノベルの場合はそのまま紹介しています。

でも今回は、なるべく定義を広くとったほうがいいだろうということで、その外のものも載せました。

鉄は熱いうちに打て、ということで急いで書いたので文章量少なくてすみません。

 

続きを読む

戦争を生き延びたある女性の「普通」な毎日 こうの史代『この世界の片隅に』前後編感想

この世界の片隅に(前編) (アクションコミックス)

映画が面白かったので原作も読むことにしました。

表紙の画材は水彩かなあ。

 

あらすじ

広島から呉へと嫁いだすず。夫とその家族とおだやかに暮らすが、その端々に戦争の影は迫っていた。やがて呉への空襲が始まり、一家は毎日のように防空壕に潜る。そして、ある悲しい出来事が……。

続きを読む

世界を変える戦いで眼鏡神父がだめな感じになっていく 瑞山いつき『スカーレット・クロス 月窟の黙示録』感想

スカーレット・クロス 月窟の黙示録 (角川ビーンズ文庫)

吸血鬼の小説を読むシリーズ。

この巻の表紙、前巻のの表紙と対になっているんですね。ギブとツキシロの位置が前巻と逆です。こういう構図で遊ぶのって面白いですよね。

 

あらすじ

悪魔を閉じ込めた聖櫃の「鍵」として狙われるようになったギブとツキシロ。ギブは転化に、ツキシロはルナシイにおびえながら追手と戦う。果たして彼らはどこに向かうのか。

続きを読む

森の奥の洋館で人が消え続ける 小野不由美『ゴーストハント5 鮮血の迷宮』感想

ゴーストハント5 鮮血の迷宮 (幽BOOKS)

メタル系の紙に印刷されていてめっちゃギラギラした本です。

 

あらすじ

日本国の元首相から依頼を受け、森の奥の洋館にやってきたナルたち。そこは人が消える館だった。集められた他の霊能力たちと一緒に捜査を開始するが、人々が次々に消えていく。果たして彼らはどこへ行ったのか。

続きを読む

ADHDの人のための「精神論でない」片づけ方 司馬理英子『「片づけられない!」「間に合わない!」がなくなる本 ADHDタイプの【部屋】【時間】【仕事】整理術』感想

「片づけられない!」「間に合わない!」がなくなる本―ADHDタイプの「部屋」「時間」「仕事」整理術

毎度のことながら、片づけられないので読みました。

 

書籍概要

不注意やスケジュール管理の苦手さから、生活で困難を抱えがちなADHDの人たち。どうすれば生活を改善できるのか。少しでも生きやすくするアイデアを、イラスト付きでわかりやすく解説する。

続きを読む