ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

逆恨み少女、あゆみに嫌がらせをする 新井素子『星へ行く舟シリーズ4 逆恨みのネメシス』感想

星へ行く船シリーズ4逆恨みのネメシス

表紙がレイディなのか信乃なのかわからない。

貫禄的にはレイディ……なんでしょうか。

 

あらすじ

「私はあなたが嫌いです」ある日、あゆみのもとに心無い手紙が届きました。見知らぬ人間に嫌われていることを知り落ち込むあゆみ。そんな中、謎の男にあゆみの義手が壊され……。

続きを読む

あったかもしれない未来がこんにちは 小川一水『煙突の上にハイヒール』感想

煙突の上にハイヒール (光文社文庫)

あらすじ

個人用の飛行機械を購入した女性、クリスマスイブの女性と介護ロボットの少年との出会い、新型インフルエンザが猛威を振るった後の世界など、日常の中の科学を描いたSF短編集。

続きを読む

伏線が丁寧に回収された時間SF映画 『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』感想

 


[のび太の南極カチコチ大冒険]予告編

TLで話題になっていたので見に行った映画。懐かしい気持ちになれました。大長編ドラえもんのコミック夢中で読んだころを思い出します。

 

あらすじ

「好きなだけかき氷が食べたい」という動機で流氷に向かったのび太ドラえもん。その流氷で謎のリングを見つけます。10万年前に凍ったそのリングを持ち主に返すため、ドラえもんたちは10万年前の南極に飛びますが……。

 

続きを読む

理系夫、家事を論理的思考で手伝う 高世えり子『理系クン 夫婦できるかな?』感想

理系クン 夫婦できるかな?

読み終わってから『結婚できるかな?』を飛ばしていたことに気づいたけれど、まあいいか……。

コミックエッセイは読む順序がばらばらになってしまいます。(私だけ)

 

あらすじ

理系の男性と結婚した著者、えり子。一円でも安く買うために買い物に夢中になり、料理になると解説がなければ動けません。しかし彼は持ち前の論理的思考で日常を改善していく……。

続きを読む

おもちゃの世界で少年は大人になることを目指す 木村航『ななめカンナヅマ』感想

 ななめカンナヅマ (ファミ通文庫)

巫女さんってこう、ロマンがありますよね。現実には高校生のバイトだけど。

あらすじ

体に様々な神を宿す神無妻の七芽。彼女は空飛ぶ船に乗って、世界を渡り歩いています。そんな七芽がたどり着いたのは百地島というおもちゃのような世界。そこで暮らす子どもたちは成長をしません。七芽は大人になりたいタウロという少年に力を貸します。

続きを読む

漂白された神話をはぎ取り真実の古代ギリシャに迫る 藤村シシン『古代ギリシャのリアル』感想

古代ギリシャのリアル

著者の藤村シシンさんはTwitterで「古代ギリシャの人」として有名。

その愉快な活動はTogetterにまとめられているので一読することをおすすめします。

twitter.com

togetter.com

書籍概要

「白亜の神殿、青い海」そんなイメージがある古代ギリシャの文明。しかし神殿は極彩色で塗られており、古代ギリシャ人たちはもともとは海を知りませんでした。過去の人間の「後付け設定」を脇に置き、リアルな古代ギリシャを見つめる入門書。

 

続きを読む

仮装人格が不治の病の科学者のために物語を作る 長谷敏司『あなたのための物語』感想

あなたのための物語

このところ、読むのがつらい話が続いています。狙ったわけではないんですが。

これは『バーナード嬢曰く。』の3巻で紹介されていた本です。

 

 

あらすじ

金も名声もすべてを手に入れていた研究者サマンサ。彼女は<wanna be>という仮想人格を作り、それに小説を書かせる研究を始めます。しかし同じころ、サマンサが不治の病を抱えていることが判明。死の恐怖から仕事に打ち込むサマンサのために、<wanna be>は彼女のためだけの物語を描きます。

 

続きを読む