ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

16世紀ネーデルラント絵画とその歴史的背景 『ブリューゲル「バベルの塔」展』行ってきました【感想】

 

f:id:kazura24:20170803102425j:plain

バベルの塔展に行ってきました。

ベルギー奇想の系譜展に続いて、ネーデルラントづいている。

babel2017.jp

 

展覧会概要

ブリューゲルの最高傑作「バベルの塔」を中心に、ヒエロニムス・ボスの油彩、同時代の版画、彫刻などを集める。16世紀ネーデルラントの絵画世界が見える展覧会。

続きを読む

お姉さん巫女綾子がポンコツかわいい 小野不由美『ゴーストハント2 人形の檻』感想

ゴーストハント (2) 人形の檻 (幽BOOKS)

今回の表紙箔押しですね。変わった箔の押し方です。

 

あらすじ

SPR(渋谷サイキックリサーチ)の渋谷一也(ナル)と麻衣は、依頼を受けて怪現象の起こる洋館へ向かう。そこで別のルートで依頼されていた綾子と法生と出会い、協力して調査を進めていく。

続きを読む

それぞれの決戦前夜に思うことは あざの耕平『BLACK BLOOD BROTHERS10 銀刀出陣』感想

BLACK BLOOD BROTHERS10?ブラック・ブラッド・ブラザーズ 銀刀出陣? (富士見ファンタジア文庫)

 

あらすじ

カンパニーが特区を奪還する「Xデー」が近づく中、ミミコを中心とした人々は対応に追われる。一方、香港では血の気の多い吸血鬼が集まりつつあった。それぞれの最終決戦の前夜が過ぎていく……。

 

続きを読む

怖くておかしくて美しい短編小説をアンソロジーに 西崎憲編訳『怪奇小説日和 黄金時代傑作選』感想

怪奇小説日和: 黄金時代傑作選 (ちくま文庫 に 13-2)

 

書籍概要

おどろおどろしく、怖くて、美しい。そんな怪奇小説の18編を、古典的なものから新感覚なものまで、一冊にまとめ翻訳したアンソロジー。

続きを読む

革命を起こした農場の動物たちがディストピアに陥る ジョージ・オーウェル『動物農場』感想

動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

読みたいなあと思っていたけれど後回しにしていた本。原文の著作権は切れていたのか……。

「闇のどうぶつの森」のような作品でした。

 

あらすじ

農場主を追い出し、自分たちで農場を運営していくようになった動物たち。しかし農場のトップになったブタたちは、日に日に特権階級としてふるまうようになっていく。他の動物たちはその前になすすべもなく……。

続きを読む

親友と先輩との美しい三角関係 『花とアリス』感想

花とアリス

 これも『銀の森へ』に載っていた映画です。dtvにあってよかった。

honkuimusi.hatenablog.com

 

 

あらすじ

落語をやっている先輩に恋をした花。彼女は頭を打った先輩に「記憶喪失で自分が恋人だったことを忘れている」と嘘をついた。先輩をだますために、花は友達のアリスを巻き込んで嘘を重ねていく。

続きを読む

おどろおどろしい話は面白いけれどとにかく長い 京極夏彦『姑獲鳥の夏 上』感想

分冊文庫版 姑獲鳥の夏 上 (講談社文庫)

Twitterでフォロワーさんのおすすめ小説として挙がっていたので読んでみました。

ときどき作風が似ていると言われるのだけど、私自身はあまり自覚がないです。

 

あらすじ

古本屋で拝み屋の京極堂と「私」は、20か月の間妊娠し続けている女性を調査することになる。探偵の榎木津と共に、彼女の家に向かうが、そこには異様な光景が繰り広げられていた。

続きを読む