ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

犯罪

ひとりの女性に人生を壊された人々はどこへ行くのか 小野一光『新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相』感想

書籍概要 多数の死者と行方不明者を出した尼崎連続変死事件。その中心となったのは、角田美代子というひとりの女だった。著者は尼崎で聞き取り調査をし、その地獄のような手口と、被害の全容を明らかにしようとする。

殺人犯たちはどのようにしてそこに至ったか 長谷川博一『殺人者はいかに誕生したか 「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く』感想

『殺人者はいかに誕生したか』を読みました。 ずっと積んでてやっと読みましたが、読んでよかったです。 殺人者はいかに誕生したか: 「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く (新潮文庫) 作者: 長谷川博一 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/03/28 メディ…

北の国で孤独な少女は運命の人と出会う 佐々木丸美『雪の断章』感想

『雪の断章』を読みました。 いつかの『活字倶楽部』に載っていたんですがいつの号かは忘れました。ちょっとネタバレがあるので畳みます。 雪の断章 (創元推理文庫) 作者: 佐々木丸美 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2008/12 メディア: 文庫 購入: 3人…

彼はなぜ金閣寺を燃やしたのか 三島由紀夫『金閣寺』感想

『金閣寺』を読みました。 思えば三島由紀夫は読んだことがなかったなあと思って有名な作品をチョイス。新潮文庫の100冊 2016に入っていたのもあります。 金閣寺 (新潮文庫) 作者: 三島由紀夫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/05 メディア: 文庫 購入:…

詐欺で世界中を飛び回ったティーン フランク・アバネイル『世界をだました男 Catch Me If You Can』感想

『世界をだました男』を読みました。 以前映画を見た『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の原作です。 honkuimusi.hatenablog.com 映画がどのくらい創作なのか気になったので読んでみました。 世界をだました男 Catch Me If You Can (新潮文庫) 作者: フ…

孤独な二人の絶望的な逃避行 『悪人』感想

今週のお題「映画の夏」 『悪人』を見ました。 せっかくなのでお題にも参加します。 映画 『悪人』 予告プロモーション あらすじ 九州の田舎町で祖父母の世話をしながら生活する青年、祐一。彼は出会い系サイトで出会った女性と恋に落ちます。しかし、祐一は…

平凡な主婦の堕落日記 角田光代『紙の月』感想

『紙の月』を読みました。 映画を先に見たので、映画との比較が多い感想になります。 紙の月 (ハルキ文庫) 作者: 角田光代 出版社/メーカー: 角川春樹事務所 発売日: 2014/09/13 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (37件) を見る あらすじ 銀行で契約社員…

呪われた樹の秘密とは 『ケイゾク/特別篇 死を契約する呪いの樹』感想

『ケイゾク/特別篇 死を契約する呪いの樹』を見ました。 ケイゾク 特別編 PHANTOM ディレクターズカット.ver / 死を契約する呪いの樹 [DVD] 出版社/メーカー: TBS 発売日: 2000/09/21 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 23回 この商品を含むブログ (31件) …

逃亡する詐欺師と追う捜査官の奇妙な友情 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』感想

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を見ました。 見ようと思ってたけどなかなか見れてなかったやつです。 Catch Me If You Can (2002) Trailer (VHS Capture) あらすじ 両親の離婚をきっかけに家出したフランク。彼は自分をパイロットであると偽り、小…

オウム信者たちが語る「オウム真理教」の姿 村上春樹『約束された場所で underground2』感想

『約束された場所で underground2』を読みました。 『アンダーグラウンド』の続編ということで読んだ本です。 約束された場所で―underground 2 (文春文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2001/07 メディア: 文庫 購入: 14人 クリック: 7…

銀行から金塊を盗み出せ 高村薫『黄金を抱いて跳べ』感想

『黄金を抱いて跳べ』を読みました。 映画化のときにお友達がはまっていたので前々から気になっていた一冊です。 黄金を抱いて翔べ (新潮文庫) 作者: 高村薫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1994/01/28 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 47回 この商品…