読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

個人戦は団体戦だ 『ちはやふる 下の句』感想

TOHOシネマズのポイントがたまったので『ちはやふる 下の句』を見てきました。相変わらず原作知識はほぼゼロです。


「ちはやふる -下の句-」予告

あらすじ

全国大会に駒を進めた千早たち。しかし千早の幼馴染、新は「かるたをやめる」と言い出しました。強くなって新を待ちたいと思った千早は、個人戦でかるたの高校生クイーンを破ろうと練習し始めます。独りよがりな練習はチームに亀裂を生み……。

個人戦での「協力プレイ」

『上の句』が団体戦をテーマにしていた一方で、『下の句』は個人戦を主題としています。その分同じかるたでも雰囲気が違って新鮮でした。

いままでみんなを引っ張る側だった千早が、チームにいさかいを起こして悩むのが面白かったです。そしてそんな主人公にみな結構厳しいことを言うのですよね……。千早の傲慢さ、そこからみんなと仲直りする過程が描かれていてよかったです。

あとサブキャラが魅力的なところもいいですね。今回の新キャラ、かるたクイーンの詩暢(しのぶ)が私はとても好きで。あんなに才能あふれててプライドも高いのにちょっとかわいいところがあるのが好きです。俳優さんの演技も決まってました。またこのキャラを見たいです。

二部作でありながらもだれたり蛇足になったりしない構成で面白かったです。

まとめ

総合するととても面白かったです。早い段階で続編決定するだけあるなあと思いました。

とてもエキサイティングでかっこいい邦画です。

小説 映画 ちはやふる 上の句 (KCデラックス 児童図書)
 
映画『ちはやふる』オリジナル・サウンドトラック

映画『ちはやふる』オリジナル・サウンドトラック