読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

母娘が旅した世界の物語 桜庭一樹『ファミリーポートレイト』感想

読書感想 現代もの 家族 桜庭一樹

ファミリーポートレイト』を読みました。

ファミリーポートレイト (講談社文庫)

ファミリーポートレイト (講談社文庫)

 

あらすじ

5歳のコマコは、母親マコとともに旅をします。老人ばかりの村、奇妙な風習のある港町、豚を育てて屠る集落……いつまでも一緒にいられると思っていたコマコ、しかし別離は突然訪れます。母を失ったコマコの「余生」とは……。

 

長い長い親子という鎖

正直どきどきわくわくするような面白さではないです。どちらかというと呪われている本という感じがします。やっぱり桜庭一樹は作風が変わりましたね……。

面白くなかったかというとそんなことはなく、表現することの苦しみや、家族というつながりの幸せと不幸がよく表された作品だったと思います。それに現実と妄想があやふやになるような描写がプラスされて、混沌に投げ出されたような気分になりました。

小説家が小説家を書くと、自虐めいたものを感じることがあるのですが、これもそういう小説なんでしょうかね。あまり勘ぐりすぎるのも何ですが。

ただあまりおすすめしにくい作品ではありますね。長いし、表現も独特ですし。逆に尖った作品を探している人には向いているかもしれません。

 

まとめ

面白かったけれど万人向けではないですね……。じっくり腰を据えて、「変な」小説を読みたい人におすすめだと思います。

文字を書くことは闇ですね。

青年のための読書クラブ (新潮文庫)

青年のための読書クラブ (新潮文庫)

 

 

関連記事

honkuimusi.hatenablog.com

honkuimusi.hatenablog.com