ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

俳優が再現する鬼気迫る対局 『聖の青春』感想

原作が好きだったので、『聖の青春』を見てきました。

せっかく映画になるんだから、つまらなくても面白くても課金しておこうという姿勢で。


11月19日(土)公開 映画『聖の青春』予告編

あらすじ

「怪童」と呼ばれた村山聖(むらやま・さとし)。彼は羽生善治を倒すことを目標に上京します。しかし彼は大きなハンデをかかえていました。ネフローゼという腎臓の難病、そしてさらなる病魔……。

 

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)

余談ですが、『三月のライオン』の二階堂のモデルです(たぶん)

 

役者の演技がすごすぎる

この映画のすごいところはキャスティングと、俳優さんたちの鬼気迫る演技です。

まず登場人物が7割くらいおっさんなのが「見た目の花をまったく考えてないな!」という感じで潔くていいです。美しさよりリアリティを優先してます。

私は将棋はやらないんですが、それでも対局シーンの頭から能力を絞り出すような演技はすごかったです。「命を懸けている」という言葉が嘘ではないと思えます。

特に羽生さんは見た目がそっくりすぎる……。同じ映画館に来た人も帰りに「そっくりだったね」って言ってたので私だけではないと思います。

俳優さんたちの努力が見える映画でした。

 

もっと将棋のシーンをやってくれ

しかしはっきり言ってしまうと、話の構成は微妙でした。

嫌だったのは対局シーンの途中でいきなり関係のないシーンが入ってくることです。もっと対局シーンが見たいのに……将棋映画なのに……。

一つ一つのシーンは美しいのに、それぞれのつながり方がいまいちで、映画のどの部分を見てほしかったのかよくわからなかったです。

もっと羽生さんとの最後の対局までに話を盛り上げてほしかったです。最後の対局はよかったけれど……。

話自体は圧倒的に原作のほうが面白いですね。

 

まとめ

俳優さんのすごさを見る映画です! 話が知りたいだけなら原作を読んでいたほうがいいと思います。

俳優もしくは将棋に興味のある人以外は見なくてもいいかなという感じです。

 

聖の青春 (角川文庫)

聖の青春 (角川文庫)