読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

生活改善を目指すアスペルガー症候群の人のためのおすすめ本6選

ブログヘッダーに「アスペルガーについても話します」って書いてるのにこのところ全く話してなかったです。

ということで今日はアスペルガーとしての生活改善に役に立った書籍を紹介します。

 

 『女性のアスペルガー症候群』宮尾益知 健康ライブラリーイラスト版

女性のアスペルガー症候群 (健康ライブラリーイラスト版)

女性のアスペルガー症候群 (健康ライブラリーイラスト版)

 

 女性のアスペルガー当事者の悩みの改善方法などを描いた図入りの本。

時間管理の方法や、規則正しい生活の仕方など、実際に試せそうな現実的な方法が多いので、参考になります。

女性だけでなく、障害の程度が軽度の男性にも参考になると思います。

 

 『エイリアンの地球ライフ 大人の高機能自閉症アスペルガー症候群』泉流星 新潮社

エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群

エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群

 

 アスペルガー当事者の生活改善方法や、周囲から助けを借りる方法など。

文章にちょっとくせがあるけれど、実際に試してみた記録を読めるのはありがたいです。

巻末の参考文献も要チェック。

 

 『心がスッと軽くなる 認知行動療法ノート 自分でできる27のプチレッスン』福井至・貝谷久宣 ナツメ社

心がスッと軽くなる 認知行動療法ノート ―自分でできる27のプチレッスン―

心がスッと軽くなる 認知行動療法ノート ―自分でできる27のプチレッスン―

 

うつや気分障害の治療に使われる認知行動療法を書き込み形式で学べる本。 

本自体は発達障害に直接関係ないんですが、認知の偏りによるストレスや怒りのコントロール方法を学ぶことによって、心に余裕が生まれ結果的にアスペルガー的な行動が減った気がします。

 

 『マインドフルネスストレス低減法』ジョン・カバットジン 北大路書房

マインドフルネスストレス低減法

マインドフルネスストレス低減法

 

最近はやりのマインドフルネスの本。瞑想のやり方など。

マインドフルネスは「癒し」というよりもストレスから距離を置き、静かな心を持てるようにする感じです。

「気分」と「性格」は別物なのだとわかると結構気楽になります。

 

 『発達障害の人のビジネススキル講座』石井京子 弘文堂

発達障害の人のビジネススキル講座

発達障害の人のビジネススキル講座

 

 発達障害の人がつまづきがちなビジネスマナーや心構えについて、初歩的なところから説明した本。

情報量が多いので、「こんなにしなきゃいけないの」と思うかもしれないけれど、あくまで「できそうなことをやってみる」という姿勢でいいと思います。

定型発達者でもビジネススキルとはなんぞや! と思ってる人にはためになると思います。

 

 『アスペルガー症候群高機能自閉症の理解とサポート よりよいソーシャルスキルが身につく』杉山志郎 学研のヒューマンケアブックス

 さまざまな実例とともにアスペルガー症候群当事者のサポート方法を考える本。

サポートする側の本ではあるけれど、働いている当事者の座談会や、体験談が当事者にとってもためになります。

困難があっても前向きな姿勢で書かれているので暗い気持ちにならずに読めます。

 

まとめ

というわけで、アスペルガー症候群の生活改善において参考になった本の紹介でした。

私が軽度で言語能力優勢の人なんでそれ以外の人には役に立つかわからないのですが、いろいろ調べてみることで救われた面もありました。だから自分なりの解決方法を探してみるといいんじゃないかな。