読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

少年少女の出会いの行方は 桜庭一樹『GOSICK8 下 神々の黄昏』感想

桜庭一樹 読書感想 ミステリ 架空歴史 青春 恋愛

やっと完結まで読めた! というわけでGOSICKの感想です。

GOSICK VIII 下 ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)

あらすじ

母を身代わりにして牢獄から脱出したヴィクトリカ。彼女は旧世界から脱出するため海を目指します。果たしてもう一度一弥に出会うことができるのか。そして一弥は今何をしているのか……。

 

頑張ったクレヴィール

この巻では一弥は話の本筋にかかわってこないので、どうにも影が薄いです。その代わりに大活躍を見せたのがクレヴィール。

ヴィクトリカとクレヴィールは最終的には和解するんだろうと思っていましたが、アレがなくなるのは意外でした。一生アレで生きていくものだと思っていたのに。

クレヴィールはネタキャラではあるんですが、同時にヴィクトリカと一弥の愛の物語に必須のキャラでした。いいキャラしてるな本当に。

最後にいいところが与えられてよかったですね。これから頑張って幸せになって欲しいです。

 

総評:雰囲気ミステリの感じは否めない

シリーズを振り返ってみると、楽しめはしたんですが、ガチのミステリって感じではなかったですね。

結構謎解きに無理がある部分もありますし、いきなり不思議な要素が出てきてその理由も語られません。あと一応安楽椅子探偵のカテゴリなのに、ヴィクトリカはまったく安楽してません。

でもそれを補ってあまりあった魅力は、この世界観とキャラクターの魅力でしょう。逆にそこに面白みを感じられないと楽しめないと思います。

万人には進められないけれど、一巻読んで好きなら読み進めてもいいのではないかと思います。

 

まとめ

のんびり読んでいたのでずいぶん長くかかってしまいましたが、ようやく完結まで読めました。

やっぱり最後まで読むと達成感がありますね。

 

GOSICK 角川文庫全9巻セット

GOSICK 角川文庫全9巻セット

 

 

関連記事

honkuimusi.hatenablog.com

honkuimusi.hatenablog.com

honkuimusi.hatenablog.com