読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

猟師による飯テロエッセイコミック 岡本健太郎『山賊ダイアリー』全巻読んだ感想

漫画 漫画感想 生活 岡本健太郎 食べ物 料理 コミックエッセイ

某所の私設図書館で知って、つい全巻読んでしまったシリーズ。

猟師のエッセイコミックというのが新鮮です。

山賊ダイアリー(1) (イブニングコミックス)

あらすじ

猟師の免許を取得した著者。ウサギ、ハト、シカ、イノシシなど、野生動物を狩って食べる生活を始めます。猟師仲間との交流や罠の仕掛け方など、猟師の日常を描いたコミックエッセイ。

 

グロくなりすぎないさじ加減

こういうことを言うと失礼かもしれないけれど、この漫画はあんまり絵がうまくありません。しかしそのちょっととぼけたような絵柄が、逆にグロデスクさをあまり感じさせないので読みやすかったです。漫画って上手ければいいというわけではないんだなと再確認。

動物を殺して解体して食べる、という行為を日常のものとして行うという非日常が面白いです。やっぱりエッセイは「自分がやらないことを作者がやってくれる」ところが好きですね。

出来上がったカモの鍋やシカとイノシシの合いびき肉がおいしそうで、ジビエ料理を食べてみたくなりました。都会だとなかなかそういう機会はありませんけれど。

 

男性同士のゆるい友情

話のメインテーマというわけではないですが、猟師仲間とのわちゃわちゃした友情が面白かったです。

軽口をたたき合い、現金なところもあるけれど、なんだかんだで助け合っているところがほのぼのしました。みんな狩猟が好きなんですね。ただコミュ力がなければうまくやっていくのは難しそうです。良くも悪くも田舎だからですかね……。

ほとんどの猟師の奥さんたちが狩猟を嫌っているのもリアルで笑いました。確かに自分の家族がやっていたら、よくは思わないかもしれません。シカとかイノシシの死体を持って帰られるの怖いし、銃の管理がうるさいのもなあ。

地味ながらもふふっと笑ってしまう人間関係があるのが楽しかったです。

 

まとめ

自分が知らない世界の話で面白かったです。狩猟の世界っていろんなことが起こるんですね。

イノシシ肉食べてみたいです。シカはちょっとだけ食べたことがあるんですが、イノシシはないんですよね。豚みたいな味なのでしょうか。

山賊ダイアリー(1) (イブニングコミックス)

山賊ダイアリー(1) (イブニングコミックス)