読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

べたべたな序盤から、ドライなラストに至る 『はじまりのうた BEGIN AGAIN』感想

映画 映画感想 洋画 現代もの アメリカ 音楽 恋愛 ジョン・カーニー 人間ドラマ 友情 家族 dtv

これもdtvで評価が高かったので見ました。

しかしdtvの星機能、コメントがつけられないので「どこがよかったのか」がさっぱりわかりません。何かしら面白いところがわかる内容だったらいいんですけど。

 


映画『はじまりのうた』予告編

 

あらすじ

会社をクビになった敏腕プロデューサー、ダン。彼はバーでシンガーソングライターの女性グレタに出会います。彼女の能力に惚れこんだダンは、NYの道端で音楽を収録し、デモを作り上げていきます。

 

 

ストーリーは普通、だけど描写が良い

落ち目のプロデューサーが金の卵を見つけて一発逆転という設定はベッタベタなんですが、その分登場人物の心理描写がきっちりとなされていてよかったです。

スターになったグレタの元恋人の葛藤、奔放だけどどこか不安を抱えているダンの娘、そういうサブキャラの心理が映画の中で描かれていくのはしみじみしました。そしてそれが押しつけがましくない範囲でなされています。

この作品のテーマでもある音楽の使い方もよかったです。登場人物の心理とぴったり合った音楽が流れてきます。劇中歌もクオリティ高くて見てるだけで音源が欲しくなります。

ただ、洋楽には詳しくないので元ネタがわからないんですよね……。洋楽が好きな人は違った感想を持つのかもしれません。

 

突き放すようなラストが潔い

『はじまりのうた』はラストが一番よかったです。安易にハッピーエンドやバッドエンドにせず、現実のままならなさも含みながら、どこか突き放すようなエンディングが素晴らしかったです。

「こうなるだろうな」という予想をあえて裏切っているから賛否は分かれそうなんですが、それまでの人物描写や作品全体の雰囲気に似合っていて私は好きです。

劇的な感動をさせずあっさりと幕を引くところが、より余韻を深く感じて素敵でした。

ただ、1ドルは安すぎなのでもっと値上げしてほしいです。後続のDL販売の人が困るでしょ!(クリエイター保護が気になる人の感想)

 

まとめ

派手な映画ではなかったけれど面白かったです。落ち着いた、大人のための音楽映画だなと感じました。純粋なハッピーエンドではないですが、人生頑張ろうかなと思えます。

一人でゆるっと見たいときにおすすめの映画です。