ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

架空の島を舞台にしたちょっと怖いファンタジー 恒川光太郎『南の子供が夜いくところ』感想

南の子供が夜いくところ (角川ホラー文庫)

南の島というと、八重山諸島に行ったときのことを思い出します。

ぼーっとするのにいいところでした。

 

あらすじ

少年、タカシは一家心中をするところを謎の女性、ユナに助けられます。彼が連れてこられたのはトロンバス島という南の島。そこではいつも不思議なことが起こるようで……南国を舞台にした連作短編ファンタジー。

 

南国の不思議な世界に幻惑される

南国を舞台にしたファンタジーは日本では珍しい気がします。

南国のスローなテンポはそのままに、おどろおどろしかったり狂気的だったり。幻想的ではあるけれど、どこか信じてしまいそうな凄みがあります。

怖いというより幻惑されます。頭がぼんやりとしてくるような感覚。つまらないという意味ではないですよ。

 

各話感想

南の子供が夜行くところ

一家心中を免れた少年がトロンバス島にやってくる、表題作でありプロローグ的な作品。ユナはこの本で狂言回し的な存在です。

起伏はないけれど、何か起こりそうなそわそわした感覚になります。

 

紫焔樹の島

他の島からやってきた呪術師ユナ。彼女の過去編。

妖しい雰囲気にわくわくしました。神話のようだけれど、現代的なモチーフが使われていてそのギャップが面白いです。

 

十字路のピンクの廟

道端で見つけたピンクの廟は誰が作ったのか。それを追う男性の手記。

文化人類学のノリなのに、起こっていることはどこかユーモラスで面白かったです。

 

雲の眠る海

島同士の戦いが起こり、援軍を求めて船出した男の物語。

時間を超えて旅する男、それが南国の戦士というのが、冒険譚らしくていいです。情景が想像できてどきどきします。

 

蛸猟師

息子が死んでから、世捨て人のように暮らしていた男。彼が語る「ヤニュー」とは……。

この本の中で一番悪意に満ちた話です。ぞわっとするような後味の悪さ。一番ホラーらしい作品だと思います。

 

まどろみのティエルさん

タカシは地面に埋まった男性を見つけます。彼はティエルと名乗り……

怖いというよりシュールな作品。でもオチは意外でした。ティエルさんはなんだか憎めないです。

 

夜の果樹園

バスに乗っているといつの間にかフルーツ人間の世界に来てしまった男の話。

実際にこんなことが起こったら不安で仕方ないだろうな……と思いました。小説でしかありえない話ですが、主人公に同情しました。

 

まとめ

久しぶりに恒川光太郎を読みましたが、やっぱりこの人の作品の雰囲気は好きですね。

また読んでいない本もチェックしておきたいです。

無貌の神

無貌の神