ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

仲間と一緒ならどこまでも走っていける 佐藤多佳子『一瞬の風になれ3 ドン』感想

一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ- (講談社文庫)

やっと最終巻まで来ました。実感としてはそんなに長く読んでいないんですが、読む途中でだいぶ時間が空きましたからね。

 

あらすじ

事故で負傷してしまったサッカー選手の兄の応援を受け、新二はまた走り出すことを決める。彼は三年生になり、陸上部に新入生鍵山が入ってくる。鍵山はスプリンターとしては優秀だが、ちょっと問題のある少年で……。

 

主人公は大人になったなあ

前に「部長なんて……」という態度だった新二が、部長として周囲を支えようとしているのがすごいです。立場は人を大人にするんですね。青少年を主役にした話は、精神的な成長が描かれるところが好きです。見ているほうが、「よく育ったな」と感動するので。

鍵山も扱いづらいやつではありますが、陸上が好きという点では歪みないのがよかったです。彼も成長して、また後輩を育ててほしいものです。

競技としてのリレーだけでなく、部活動の中で繋がる、世代交代という大きなリレーを描いていたのが印象的でした。新二がその重みをちゃんとわかって行動しているのが素晴らしいです。

話としてはありがちではあるんですが、登場人物が長い苦闘の中、自分で気づくとやっぱりかっこいいんですよね。

 

走る姿がかっこよかった

最終巻なだけあって、走るシーンはとてもかっこよかったです。まるで見ているようでした。

陸上は、ただ早いだけではなくて、走る姿から感情や思考が読み取れる気がするのが面白いです。実際に陸上を見ているときのわくわく感と緊張を、しっかり感じられたのがよかったです。

負けたときのくやしさ、勝ったときの喜びが、まるで自分のことのように感じられます。純粋に頑張ってほしい、勝ってほしいと思える描写でした。

あまりにもハラハラするものだから、終盤になるとレースが始まるたびにページをめくるのをためらうくらいでした。読者が緊張しすぎてどうするんだという。

 

まとめ

スポーツ小説として人気があるだけあって面白かったです。あまり長さを感じさせないシリーズでした。

今も彼らがどこかで走っている気分になれました。

 

一瞬の風になれ 第三部 -ドン- (講談社文庫)

一瞬の風になれ 第三部 -ドン- (講談社文庫)