ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

ほのぼのからの怒涛の展開にびっくり 小川晴央『僕が七不思議になったわけ』感想

僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)

一巻完結ライトノベルのおすすめ記事にあった本です。本当は感想を読む前に読んでほしい本です(矛盾)。

 

あらすじ

高校最後の年、「僕」中崎は、謎の幽霊に学校の七不思議にされる。七不思議と交流して力を借りることができるようになった彼は、ストーカーに悩まされていた朝倉さんを助ける。彼は朝倉さんと交流するようになるのだが……。

 

ほのぼのからのラストにびっくり

のんびりした連作短編ものかと思いきや、終盤にかけての展開にびっくりしました。まったく事前情報を仕入れていなかったので、衝撃的でした。

ネタとしては珍しいものではありませんでしたが、伏線の張り方が自然で本当に築きませんでした。

こういう作品は、過程が面白くないことも多いのですが、そこに至るまでの描写が丁寧で面白かったのがよかったです。主人公二人も特別個性的というわけではないですが、親しみを覚える素敵なキャラでした。

衝撃的な展開だけに頼らないところに、作者の構成能力の高さを感じました。思わずどこからが伏線だったのか読み返しました。

 

少し切ないけれど、希望の残るエンディング

衝撃的な展開からのエンディングも素晴らしかったです。

完璧なハッピーエンドではないのですが、それぞれが前に進んでいく決意を持っているのが感動しました。

主人公を見守ってきたテンコも優しいです。最初はネタキャラだと思っていてすみませんでした……。終盤の怒涛の展開で株を上げてくれました。かっこいい幽霊に会ってみたいです。

まだまだ苦難はあるでしょうが、モラトリアムから抜け出し、自分自身の人生を歩き始めていく姿は、応援したくなります。

ラストのイラストが、彼の青春の終わりを感じさせて、また切なかったです。バスは進んでいくんだなあ……。

 

まとめ

事前情報なしで読んでよかったです。気持ちよく騙されました。

一巻完結なので、お勧めしやすい小説でもあります。ぜひみんなに読んでもらって騙されてほしいです。びっくりするので!