ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

何気ない日常の中に描かれる「被爆者である」悲しみ こうの史代『夕凪の街 桜の国』感想

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

この世界の片隅に』が面白かったので原作者の本も読んでみたいなと手に取りました。

手に取って初めて意外と薄い本だと知りました。

 

あらすじ

原爆投下から10年経った広島。皆実は貧しいながらも穏やかな日常を生きていた。しかし原爆の記憶が、彼女の生活に影を落とす。

広島にまつわる短編二編を収録した一冊。

 

日常の中のあっけない悲しみ

劇的なことは起こらない、静かな作品でした。しかしよく目を凝らしてみると、言葉のひとつひとつやしぐさに戦争の悲しみがにじんでいます。

それがあまりにさりげないので、解釈するのに時間がかかりますが、その分読み込むほどに気づくことがある作品でした。

 

各話感想

「夕凪の街」

戦争から10年経った広島。原爆は皆実の日常に影を落としていた。

もっとドラマを作り出すことができるのに、あっけなく終わってしまったのが逆に印象深かったです。

ドラマティックに終われる人なんていなくて、何が何だかわからないうちに取り返しのつかない終わりがやってくる人のほうが普通なのかもしれません。

 

「桜の国」

皆実の姪にあたる七波が主人公。彼女は野球の練習をさぼって弟のいる病院に向かった。

幸せな家族にも、「被爆者の子どもである」という運命はついて回るということがわかりました。

いわゆる泣かせる話ではありません。広島から生まれた悲しみを引き継いでいく人たちの話でした。

この世界の片隅に』を見たときも思ったんですが、この作者の描くカップルはかわいいですね……。かわいいだけでは終わらないんですけれど。

 

まとめ

演出がさりげなさすぎて気づかない人も多そうですが、ゆっくりじっくり読める作品を求める人には面白いと思います。

幸せな日常の中の、逃れようのない悲しみが表現されているのがよかったです。

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

 
夕凪の街 桜の国 [DVD]

夕凪の街 桜の国 [DVD]