ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

インパクトのあるエピソードで「お酒はほどほどに」がわかる まんしゅうきつこ『アル中ワンダーランド』感想

アル中ワンダーランド

画像ではわかりませんが、表紙が箔押しで地味に豪華。

ブログに載せるのがだいぶ恥ずかしいペンネームだ……。

 

あらすじ

ブログをきっかけにイラストレーターの仕事を始めるものの、多忙で家事がままならなくなった著者。お酒でそれを解決したことをきっかけに、アルコール依存症のスパイラルにはまっていく。

 

笑いたいけど笑えない

アルコール依存症のエッセイコミックではあるんですが、お酒の怖さを訴えるとか、読者に禁酒を勧めるとか、そういう説教臭いシーンはほとんどありません。

あるのは著者、まんしゅうきつこのお酒による奇行のオンパレードです。トークショーでポロリする、駅のホームでお酒を飲む、など……。

エピソードにインパクトがあるから、特に説教臭いシーンを入れなくても「お酒を飲みすぎるのはやめよう」となるんですよね。

しかし、本人の行動にツッコミが入ることがあまりないので、一種のシュールギャグマンガのようにも読めます。

笑いたいけど笑えない、読み終わって微妙な気持ちになる不思議な漫画です。

 

巻末の対談では普通の人

著者は巻末ではゲストとともに対談を行っています。そこに載っていた写真がものすごく普通の人だったからびっくりしました。

というか漫画に描かれているほど不細工じゃない……身なりのいい大人の女性という感じです。

そういう人だってアルコール依存症になる、見た目の問題じゃないと改めて思いました。誰だってなりうる病気なんでしょうね。

ドラマティックな展開や感動ががあるわけでもなく、さらっと始まってさらっと終わる漫画でしたが、そこが逆にリアリティを持って感じられて面白かったです。

依存症という病気は身近なもの。自分や身の回りの人がなるかもしれないものなんだ、と思っておいた方がいいですね。

 

まとめ

笑えるけど笑えない、はっきりオチるわけでもない漫画なのですが、妙に心に残ります。

お酒の飲みすぎは絶対やめましょうね!

アル中ワンダーランド

アル中ワンダーランド