ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

吸血鬼と人間の共存地域、特区を襲う変化の波 あざの耕平『BLACK BLOOD BROTHERS7 王牙再臨』感想

BLACK BLOOD BROTHERS7?ブラック・ブラッド・ブラザーズ 王牙再臨? (富士見ファンタジア文庫)

吸血鬼の小説を読むシリーズ続きです。今回は心なしかイラストが多かった気がします。

 

あらすじ

「九龍の血脈」のきょうだいたちが九龍王の墓所を占拠し、復活の儀式をしようとしていた。特区は混乱に陥り、カンパニーも敗走を迫られる。ぼろぼろになった特区の運命は……。

 

容赦ない九龍有利

この巻では「これでもか!」と敵が有利になっていて、ここから戦況をひっくり返すことができるのか? と怖くなりました。

あの人が敵側になっちゃったり、あの人が死んだり、容赦なく今までの関係が変わっていきます。きちんと構成したものをどんどん壊していくのは、はらはらするけど一方で爽快感がありますね。

関係性が変わったというと、ジローとミミコの関係も変わりつつあります。運命はまだ変わらないけれど、それでもお互いを見る目は変わったんですよね。

ただこの恋が普通に終わるとは思えないので、バトルの行方とともに結末を見るのが楽しみです。

 

走れ、サユカ

今回の個人的MVPはサユカですね。あの人がこんなことをするとは思わなかったです。

でもよく考えると、この状況が一番サユカにとって幸せな選択だったんでしょうね。愛する人と(ある意味では)ひとつになったわけで。

ライトノベルの、普通の倫理では測れないような恋愛が好きなので、サユカとゼルマンの関係は非常においしいです。

彼女がこれからどんなキャラクターになっていくかは未知数です。すっごく変わるのかもしれない……。

どんな形で物語に参加するとしても、面白くなりそうです。その中でゼルマンへの愛は変わらないでほしいです。

 

まとめ

ごっそりと今までの人間関係が変わり、状況的にも大きな変化があった巻でした。「ただでは終わらない」物語になったという感じです。

続きを読むのが楽しみです。怖くもありますが。