ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

毛玉たちの恋、ぎすぎすする天狗たちの戦い 森見登美彦『有頂天家族 二代目の帰朝』感想

有頂天家族 二代目の帰朝 (幻冬舎文庫)

このAmazon画像には反映されてないけれど、二重カバーださすぎ問題はこの巻でも続いています。

本当にもうちょっとかっこいいカバーにしてほしいです。

 

あらすじ

京都の町に赤玉先生のかつての弟子「二代目」が帰ってきた。二代目は、赤玉先生と弁天を憎悪しているようで……。一方矢一郎は着々と狸の惣領偽右衛門に就任する準備をするが、そこにはある陰謀が隠されていた。

 

狸の恋愛模様ににこにこする

この巻は、本当に狸たちの恋愛模様がかわいかったです。

本来であれば恋愛要素はそんなに重視するほうではないんですが、狸たちが魅力的なのでみんなかわいいな……とほほえましく思えました。

毛玉がころころして恋をしているシーンがそもそもかわいすぎる。毛玉って得ですよね。

最後の神社のシーンでは、群衆に混じっておめでとうと言いたくなってしまいました。私は読者なのに。

赤玉先生が意外とキューピット役として優秀なのも面白かったです。結構強引なんですが、そういうところが憎めないんですよね。

 

天狗たちの戦いと矜持と

狸たちがほのぼのとつがいを作っている一方、天狗たちが代わりにぎすぎすしていました。

あまりはっきり描写されていないから想像するしかないんですが、弁天も、代替物のように扱われていることに不満があるのかもしれません。

二代目も、ハイセンスな海外帰りの紳士の見た目のくせに、中身は完全な駄々っ子なのが最高でした。あの見た目で唯我独尊なのが本当にこう……興奮しますね。

天狗たちは本当に子どもっぽいけれど、「世界で自分だけがえらいと思っている」という設定上、どうしようもなく子どもになってしまうのが面白おかしいですね。

愛憎入り混じって戦いあがく、彼らの決着も非常に気になるところです。弁天の鼻っ柱を折ってほしくもあり、幸せになってほしくもあり。

 

まとめ

毎日がお祭り騒ぎなのは変わらず、読んでいて楽しい小説でした。

二代目と弁天の関係がどうなるか気になります。三部作らしいので、次回なんらかの決着を見るといいなあ。

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

 
有頂天家族 二代目の帰朝 (幻冬舎文庫)