ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

人類を支配した宇宙人は神話世界を作り上げた 白井弓子『イワとニキの新婚旅行』感想

イワとニキの新婚旅行 (ボニータ・コミックス)

 

あらすじ

宇宙人の「帝国」が人類を支配して500年。帝国は効率的に支配をするために、人類が持つ神話を利用した。宇宙人に与えられた神話の中でときに抗い、ときにやり過ごす人類たちを描いた連作短編。

 

ときに従順に、ときに抗い神話を作る

宇宙人に支配されている、というと人類の反抗の物語を想像するかもしれませんが、それとはちょっと違います。

この作品の中の人類は、神話に対してときに従順に、ときに抗い、態度を使い分けてしたたかに生き抜いています。

ひょっとしたら、神話が身近だった古代人も、こういう態度で生きていたのかもしれないと思いました。

 

各話感想

「イワとニキの新婚旅行」

岩の巨人と結婚することになったニキ皇子。彼女と遺伝情報を運ばなければならなくて……。

天孫イワナガヒメコノハナサクヤヒメの結婚をテーマにした作品。

異種婚姻譚は数あれど、嫁のほうが岩でできた巨人というのは初めて見ました。

 

「神託と灰色の髪の少年」

帝国が作り出したAIのアポロン神。地球上のあらゆる芸術を収集する彼によって、世界中から集められた芸術家たちは……。

終わり方がすごくいいです。あのアポロンの一言があってこそ輝く作品でした。

 

アンドロメダ号で女子会を」

宇宙船の中の三人のアンドロメダたち。彼女たちにはある使命があった。

めちゃくちゃ苦労しているはずなのに、話はどこかゆるいです。確固とした自己を持っている女性は見ていて楽しいですね。

 

「さよなら私の兵馬俑

デジタル世界の中に再現された桃源郷。そこはバーチャルの中の「あの世」だった。

兵馬俑さんたちがとてもけなげでいとおしくなってきます。仮想空間とはいえ、彼らにとっては大切な現実だったんでしょうね。

 

「海の女神と旅立つ船」

若い女性が、初老の女性を訪ねてくる。彼女には秘密があった。「さよなら私の兵馬俑」の続編。

不思議な空間でも、知った人の手を取らないのがシビアというか、象徴的でよかったです。これからの生活を示唆するストーリーで下。

 

まとめ

神話とSFという取り合わせが面白かったです。

人類のしたたかさを感じるストーリーでした。

イワとニキの新婚旅行 (ボニータ・コミックス)

イワとニキの新婚旅行 (ボニータ・コミックス)

 
WOMBS(1) (IKKI COMIX)

WOMBS(1) (IKKI COMIX)