ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

しっかりものの叔父さんがだめになる回 椎名蓮月『遠鳴堂あやかし事件帖其の参 あの星が見えなくなるまで』感想

遠鳴堂あやかし事件帖 (3) あの星が見えなくなるまで (富士見L文庫)

遠鳴堂シリーズはこれがラスト。早かったなあ。

 

あらすじ

遠鳴堂に倫太郎のかつての相棒、志野が訪ねてくる。彼女は倫太郎に本の修繕を依頼した。明は鳴弦の力を使い、本の過去を覗き見る。そこには、本にまつわる悲しい思い出があった。

 

倫太郎がだめな回

今回は、保護者たる倫太郎が結構だめな感じだったのが印象的でした。

明を庇護し支える側だった倫太郎が、実は明に支えられていた部分があることに気づきました。そして案外、思いつめるタイプなところも。

今までの事件の構図とパターンが違いますが、よく考えると、その片鱗は今までのストーリーの中にありました。だから意外であっても、唐突な感じがしなかったです。

確かにべらべら話すようなことではないけれど、心の中に押し込めてしまうといろいろしんどいだろうに。

仕方ないからそうするのではなく、「あなたと暮らしたい」という確固とした意志を

 、明が持てたのは喜ばしいことでした。そういう優しいところ、情が深いところは、似た者同士の叔父甥だと思います。本人たちに、その自覚はなさそうですけどね。

 

おそらく打ち切りなので残念

他のシリーズを出していながら、三年近く続刊が出ていないということは、おそらく打ち切りでしょうね。

完結しない可能性の高い作品をおすすめするのは、私の本好きの倫理観をもってすると、あまりやりたくないことです。

ただ、大きなストーリーは完結していませんが、事件そのものは一巻ごとにきちんと解決しているので、投げっぱなしというほどではありません。

作者の他のシリーズが好きで、完結しなくても悲しくならないという人であれば、読んでもいいと思います。

望月や安達の淡い恋、ちょっと変わった家族の関係の、結末が見たかったなと思います。

 

まとめ

たぶん未完なので気軽におすすめはできませんが、話は面白かったし、キャラクターも好きでした。

作者が好きなら、読んでみてもいいのではないかというシリーズです。