ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

車に二回もぶつけられてしまう山王連合会 『HIGH & LOW Season2』感想

【早期購入特典あり】HiGH & LOW SEASON2 完全版BOX(B2サイズポスター付) [Blu-ray]

今月中で配信が一旦終わってしまうので、急いで視聴。

 

あらすじ

五つのグループが支配するSWORD地区。SWORDが分裂する前は、MUGENというグループがそこを支配していた。バイク仲間から始まったMUGENは、家村会を追い返したことによって評判になり、グループとして大きくなっていく。

 

2期全体のオチがないのに気になる

もともとストーリーはふんわりした作品でしたが、2期は特に2期全体のオチにあたるものがなく、次回作へのつなぎになってしまったなという印象です。何かしら、区切りになるシーンが欲しかったですね。

でも、そんな区切りがなくても、だらだら見続けられてしまう、続きが気になってしまうこの作品は不思議だなあと思います。

少年漫画で、ストーリーはそこそこなんだけど描写やキャラクターの面白さで連載を保っている作品と同じ感じがします。

ストーリーを重んじる人にはつまらないと思いますが、好きな人は好きな内容だと思います。

あの物語の単純さが、だらだら見ててもストレスにならないからいいのかもしれません。

 

車にぶつかられるシーン×2

人を殺そうとするシーンが「車をぶつける」というその雑さに笑ってしまいます。安易すぎるだろ!

でも椅子で殴っても死なない世界観だし、車ぐらい出さないと死なないのかもしれませんね……。シリアスなシーンなのに車にぶつけけられる回想シーンが入るたびに笑ってしまいました。

話の虚構っぷりがすごいです。それでいて、なんとなく受け入れてしまうのが自分でも不思議でした。

リアリティは本当にないけれど、「登場人物がそう言うならそうなのかな……」と受け止めてしまいました。何なんでしょうねこの感覚。ニンジャスレイヤーのノリに似ていると思います。

ストーリーは穴だらけで、好きなタイプの作品ではないはずなのに、なぜか飽きない。不思議な感覚でした。

 

まとめ

なんでこの作品に飽きないのか、自分でも不思議です。

映画版は配信終了には間に合わない気がしますが、いつかどこかで見てしまいそうです。