ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

『舞台刀剣乱舞 ジョ伝 三つら星刀語り』 伏線や気づいたことメモ【ネタバレあり】

未試聴の人にはあまり関係ないのですが、ジョ伝の配信を見ていて気づいたことについて書き残しておきます。

www.dmm.com

感想記事はこちら

honkuimusi.hatenablog.com

 

 

・骨喰藤四郎が怪我をして「刀の本懐だ」と言うが、次のシーンで山伏に抱き着いた骨喰は怪我をしていない。

・序伝で秀吉と顔を合わせたシーン、弥助が刀剣たちの前を去るときににこっと笑った後ひとにらみしている。

・如伝のオープニング、ダンスの最後のキメポーズが「如」の文字の形になっている

・遡行軍を追いかけるとき先頭の長谷部(機動が初期から実装されている刀ではトップ)

・序伝でバーサーカーモードになっている長谷部・山姥切の斬撃が如伝に比べて軽い(ような気がする)

・追いかけるときに先回りする博多藤四郎(機動最大値全刀剣でトップ)

・山姥切が長政に刀を向けるシーンで、長谷部が行く手をさえぎって一瞬かばおうとする。

・主への報告のさい、「御隠居さま」は「黒田官兵衛」と言い直すのに長政は「長政さま」のまま報告する長谷部。