ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

ビジネスの場面でアサーティブにふるまうには 大串亜由美『アサーティブ―「自己主張」の技術』感想

アサーティブ―「自己主張」の技術 (PHPビジネス新書)

アサーションの本を探していて手に取った本。

 

書籍概要

言いたいことが伝わらない。うまく要望や意見を言い出せない。どうすれば言葉を尽くせるのか……。

ビジネスシーンでの「アサーティブな立ち振る舞い」について解説する本。

 

ビジネスの中の「アサーション

この本で印象的だったのは「利益」や「WIN-WIN」の考え方です。

自分の利益だけではなく、相手の利益だけでもなく、双方が得をする方向へ持っていくところがよかったです。

ただ、完全にビジネス向けな本なので、今の私にはすぐ使えない部分も多かったです。

あと、ビジネス書なだけあってビジネスの成功を目的にしており、「じゃあ失敗したときはどうするのか」という部分が詳しく書いていなかったのでそこは少し不満です。

バリバリ働いていて、もっと周囲と交流を深めたい人にはいいかもしれません。

 

「正直に言う」ことの目的がすり替わってはいけない

耳が痛かったのはこの文章。

本当にストレートで、素直な気持ちなら伝えてOK。でも、気持ちを口にする前に自問してみてください。「それ、本当に“素直”な気持ち?」。

(中略)

「私はあなたの昇進が羨ましいです。私は昇進できなくてガッカリしました」というメッセージには、相手に居心地の悪い思いをさせたいという悪意も見え隠れします。

(P133)

 素直な気持ちを口にすると見せかけて、「相手に不快な思いをさせたい」と思っているときって確かにあります。

正直なことは悪いことではない。だけど目的がすり替わってはいけない。そういうことを考えさせられた言葉でした。

このブログは嘘は書かないので「面白くなかった」ということも言っちゃうけど、それも「意見の違う人を傷つけたい」という目的にすり替わらないよう気を付けようと思います。

 

まとめ

ちょっと私の求めていた方向性とは違う本でしたが、ためになる部分もあったのでよかったです。

ビジネス向けのアサーションの本を探している人にはいいかもしれません。

アサーティブ―「自己主張」の技術 (PHPビジネス新書)

アサーティブ―「自己主張」の技術 (PHPビジネス新書)

 

 

関連記事

honkuimusi.hatenablog.com