ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

最高につまらない本だった―野田宜成『こいつできる! と思われる いまどきの「段取り」』感想

こいつできる! と思われるいまどきの「段取り」

今日の更新は、『こいつできる! と思われる今どきの「段取り」』です。

結論から言ってしまうと、読まなくていい本だと思います。

 

書籍概要

他人の効率を高め、自分の効率を高めるには? 名刺の整理や思考の整理、それに伴う工夫の仕方を解説していく本。

って、中身がなさすぎるからあらすじも書きにくいわ!!!

 

書籍ではなく日記にしておけ

まず良くないのが、言い方が抽象的で観念的なところ。

あと、「〇〇(地域や組織)で××なことがあり~」という例は出てくるものの、作者が実際に体験して、どう思ったかという文面が少ないところが問題です。自分に実際に起こったできごとを出さないと、こういう本は説得力がないと思います。

 

たまに自分の話をすると、こういうの。

未来を生み出すためには、過去と向き合うということがすごく大事な気がするのです。

(中略)

そして、私も、お墓参りの回数を増やしたときから、ムダな時間がなくなったように感じるのです

(P58)

そういう「かもしれない」とか「気がする」の領域は、ビジネス書じゃなくて日記に書いたほうがいいと思います。

 

このような、いいこと言っているようで、ぜんぜん中身のない本ですら出版できてしまうところに、ビジネス書の闇を感じます。

 

まとめ

 本当に毒にも薬にもならない本なので、読まないほうがいいですよ!

 内容のない本とはどういうものか、という反面教師としては読んでいいかもしれません。

こいつできる! と思われるいまどきの「段取り」

こいつできる! と思われるいまどきの「段取り」