ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

ファッションに興味がなくても楽しい着物語り―松田恵美『きもの番長2 コーディネイトレッスン編』感想

きもの番長2――コーディネートレッスン編

今日の更新は、松田恵美『きもの番長2 コーディネイトレッスン編』です。

1の記事はこちら。

honkuimusi.hatenablog.com

 

書籍概要

着物に興味を持ったけれど、どうやってコーディネイトすればいいのかわからない。そんな人たちのために、着物や帯、小物の組み合わせを提案していく。柄+柄が基本の着物のコーディネイトとは……

 

着物を着る予定はないんですが、目にもあざやかな着物のイラストが楽しいです。

ファッションにあまり興味のない私でも、「きれい! かっこいい!」となるのが作者の実力を感じます。

 

着物は柄+柄が基本なので、洋服とは少し違った雰囲気になりますね。

洋服だとうるさいだろうなと思う組み合わせでも、着物にするとしっくりくるのが不思議です。

派手というより、にぎやかになるんですよね。

 

着物とともに合わせるネイルアートやアクセサリーの話も面白かったです。作者が選ぶのを楽しんでいるのが伝わってきて、自分でもわくわくしました。「楽しそうに描く」というのは一種の美点ですね。

 

前の『きもの番長』もそうだったけれど、「こうしたらいいよ」という経験則はあれど、「こうしなければならない」のような押しつけを感じないファッション本でした。だから、ファッションにあまり興味のない私にも読みやすかったです。

 

まとめ

ファッションに興味のない私でも楽しい、着物本でした。

道行く人が着物を着ていたら、観察してしまいそうです。

他の著書も読んでみたくなりましたが、この『きもの番長』しか出してないみたいですね。タイミングが合えば出してほしいです。

作者のHPはこちら。

megumimatsuda.com

 

こちらもどうぞ。

 パンをひたすら食べ続ける二人組の話です。

honkuimusi.hatenablog.com