ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

生物学

動物園の動物を暮らしやすくしてあげたい―sirokumao『クマが肥満で悩んでます 動物園のヒミツ教えます』

あらすじ・概要 各地域の動物園を支援するボランティア団体に所属している著者。著者は動物園の何気ない風景に隠れている「動物が暮らしやすくなる工夫」について、絵とコラムで紹介する。動物を動物園で飼育する意義、そして動物園の動物の幸せとは何かを考…

動物園の獣医さん、ヤクザゲームで詠む俳句、ナースの仕事は大変。 最近読んだ、見た作品5つ(20211107)

熊倉献『春と盆暗』 ちょっと不思議な短編集。 うーんあまりぴんとこなかったです。つまらないというより作者の語りに乗れなかった感じ。相性の問題ですかね。 春と盆暗 (アフタヌーンコミックス) 作者:熊倉献 講談社 Amazon 犬養ヒロ『獣医さんが教える動物…

アゲハチョウはなぜ決まった道を飛ぶのか、研究者が科学的に調べてみた―日高敏隆『チョウはなぜ飛ぶか』

あらすじ・概要 子ども時代の著者は、アゲハチョウが決まった道を飛ぶことに気づいていた。なぜなのか。研究者になった著者はアゲハチョウの道について調べ始める。何度も実験を繰り返し、見えてきたアゲハチョウの習性とは……アゲハチョウ研究をテーマにした…

生きるために化石を発掘していたら古生物学に貢献していた―北神諒『コミック版世界の伝記 メアリー・アニング』

あらすじ・概要 海辺の町で育ったメアリーは、生活のために海辺で拾った化石を売っていた。いくつも大きな化石を発掘したことから、彼女の働きは古生物学の研究を促進した。しかし女性であり身分も低い彼女は、公の場では顧みられることが少ない。それでも彼…