ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

耳が聞こえにくくなったので耳鼻科に行ったら耳管開放症だった

f:id:kazura24:20170927072727j:plain

耳管開放症という病気になりました。

本とか映画には関係ないんですが、せっかくなので記録に残しておこうと思います。

 

 

経緯

ここ一週間ほど、耳鳴りがしたり、音が一瞬聞こえにくくなったりで違和感がありました。

そんなに頻度が多くなかったので放置していたら、だんだん一日中聞こえにくくなってきて、

調子を聞かれるついでに上司に相談したら「早く病院行け(意訳)」と言われたので耳鼻科病院に行くことに。

 

診断について

診断ではこんな感じのことを聞かれました。

「どんなふうに聞こえづらいですか?」

「音がこもる感じで……」

「一日の中で波はありますか? たとえば朝は聞こえにくいとか」

「うーんどちらかというと昼からのほうが聞こえにくいかも……」

するとおもむろに先生、

「ちょっと前屈するみたいに頭を下にしてみてください。座ったままでいいので。20秒くらい」

「!?」

びっくりしつつもやってみると、聞こえ方がよくなっていることに気づきました。

こうすると耳の血行がよくなるとかなんとかで、鼓膜の張り具合がよくなるらしいです。(この辺はうろ覚え)

その後、聴力検査。一応日常生活に支障がない数値だったので一安心。

 

ふたたび先生の前に戻ってきました。

「よくわからないけど深刻な病気ではないんですね」

「深刻な病気ではないけど、すっきり治らないことが多くてね……漢方を出しておきますね」

耳の鼓膜の張りをよくする漢方をもらって今回は終了。

 

まとめ

漢方薬を飲むとなんとなく聞こえが良くなった気がします。やっぱり薬は大事ですね。

なったところで劇的に治るものでもないので、「気になる人は病院へGO」みたいなことは言えないのですが、そういう病気があるんだなーくらいに思っておいてください。