ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

アフリカを駆けた飛行機乗りの生活がわかる 『人間の大地』サン=テグジュペリ(光文社古典新訳文庫)感想

人間の大地 (光文社古典新訳文庫)

Amazonプライムの無料本にあったので読んでみました。

 

あらすじ

郵便機のパイロットとして長いキャリアを持つ著者が、駆け出しの日々、勇敢な僚友たちのこと、アフリカや南米での人々との交流、自ら体験した極限状態などについて、時に臨場感豊かに、時に哲学的に語る。人間にとって大切なものは何かを鋭く問うたサン=テグジュペリ文学の大傑作。

光文社古典新訳文庫HPより)

 

 

飛行機乗りの危険と楽しみ

当時の飛行機の危険性、そしてそれでもある楽しさについて書かれていて、面白かったです。

飛行機乗りの日常や、文化がよくわかって、飛行機という乗り物が好きな人には、面白いんじゃないでしょうか。

遭難して生死の境をさまようシーンは怖かったです。徐々に理性を失っていく著者を、力のある筆致で描いていました。

文章はちょっとくせはあるけれど、めちゃくちゃ上手いですね。言葉選びにものすごいセンスがあります。個性はあるんだけれど、不釣り合いな選択はしない感じでした。

 

上手いとは思うけど個人的には嫌い

ただ、個人的な意見を言わせてもらうと、この作者好きじゃないな!

初対面の人を外見であれこれ決めつけたり、ナチュラルに上から目線だったり、人をいら立たせる能力にたけています。ノリが典型的な「昔の人」なんですよね……。

これ、昔の人が書いた本だからある程度客観的に読めますが、著者と同じ時代に生きていたらすごい嫌いな本だったと思います。

文章はめちゃくちゃ上手いので読む価値はあったけれども、私個人としておすすめするかというとそうでもないですね。

とりあえず古典を履修しておきたいとか、飛行機に興味があるとかならいいかなあという程度です。

 

まとめ

そこそこ面白かったけれども、著者が好きになれない作品でもありました。

ただ、飛行機が好きなら、一度読んでみてもいいのではないでしょうか。

 

人間の大地 (光文社古典新訳文庫)

人間の大地 (光文社古典新訳文庫)

 

 

 こちらもどうぞ

honkuimusi.hatenablog.com