ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

パンをひたすら食べ続けているだけで面白い―山本あり『世界ぱんぱかパンの旅<ロンドン編>』感想

世界ぱんぱかパンの旅 <ロンドン編> (コミックエッセイの森)

今日の更新は、『世界ぱんぱかパンの旅<ロンドン編>』です。

ちょっと本を読む体力がないので、さらさら読めるコミックエッセイを消化している今日この頃……。

 

あらすじ

パンが大好きな著者は、友人と共にロンドンに向かい、パンづくしの旅に出る。果たして不味かったロンドンの食べ物はおいしくなっているのか、そこで出会うパンはどんなものなのか……。

 

紹介されている食べ物おいしそう!

紹介される食べ物が、がっつり大コマで描かれていて、描写もおいしそうで楽しいです。

やっぱり食べ物の見た目がおいしそうじゃないと、食レポ漫画は楽しめないですねー!

 

個人的においしそうだと思ったのが、「ホークスムーア・ブレックファスト」というステーキ店で食べられる朝ごはん。簡単に言うと、イングリッシュ・ブレックファストをめちゃくちゃ豪華にしたような食事です。

焼いた骨髄や、どでかいベーコンが出てくるのでとてもワイルドです。山賊になった気分を味わえそう。

外で食べる朝ごはんっておしゃれでヘルシーなイメージがあるんですけれど、こういうのもありなんだなと思いました。

 

ロンドンに総菜パンがほとんどないのが意外だったけれど、あれはパンをご飯の代わりにしようとした日本のパン屋さんの努力のたまものなのかもしれないですね。

あとヨーロッパのパンの、ちょっと酸っぱいやつおいしいですよね。あれにバターを合わせると食べやすいんですよね。

 

まとめ

だいたいパンを食べているだけの漫画でしたが、それでも面白かったです。食レポが上手いんでしょうね。

飯テロされたいときや、異国情緒に浸りたいときにはおすすめの一冊です。

世界ぱんぱかパンの旅 <ロンドン編> (コミックエッセイの森)

世界ぱんぱかパンの旅 <ロンドン編> (コミックエッセイの森)

 

 

 こちらもどうぞ。

honkuimusi.hatenablog.com