ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

王道だけどちょっと物足りない―葛西伸哉『世界が終わる場所へ君をつれていく』感想

世界が終わる場所へ君をつれていく (MF文庫J)

今日の更新は、葛西伸哉『世界が終わる場所へ君をつれていく」です。

一冊完結のライトノベルおすすめで紹介されていたもの。

 

あらすじ

青森に、メタリックな謎の木が生えた。金属の塊を飛ばすそれのせいで、周辺住民は避難を余儀なくされる。しかしふたりの少年少女は、その『銀の樹』に近寄ろうと小さな旅を始める。

 

ちょっと物足りないなあ

まあまあ楽しめたけれど、ちょっと物足りない感じもありました。

ボーイミーツガールの展開は王道で好きですし、主人公の設定である「小説家志望」というのもうまくストーリーに絡んでいてよかったです。

相手にどきどきしたり、役に立ちたいと思ったりするのが、青春っぽくてほほえましかったです。

 

ただ、ストーリー的に物足りなかったのは、『銀の樹』がどのようなものかきっちり説明がなされなかったからです。

一応、登場人物なりの解釈は明かされますが、あれはあくまで仮説ですしね。

タイトルの「世界が終わる場所」も、ああいう終わり方(ネタバレ)なのでいまいちぴんと来なかったです。

やりたいことはなんとなくわかるけれど、もう少しそれぞれのシーンをじっくり見たかったです。こういう作品は、心理描写が肝だと思うので。

 

まとめ

まあまあ面白かったんですけれど、ちょっと物足りない内容でした。

 もう一声ほしいですね。