ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

鹿娘と人間男性のちょっとブラックな異類婚―緒方波子『鹿娘清美婚姻譚』感想

鹿娘清美婚姻譚 (ビームコミックス)

今日の更新は、緒方波子『鹿娘清美婚姻譚」です。

かわいいよねこの表紙。物理書籍は箔押しです。

 

あらすじ

奈良に住む鹿の娘、清美はお金目当てで和菓子屋の息子、善彦とお見合いする。財政難で鹿を世話する鹿の会が困窮しているからだったが、反人間派である兄に猛反対に遭い……。果たして二人は無事に祝言を上げることができるのか。

 

ほのぼのブラック異類婚

このほのぼのブラックな雰囲気はとても好きです。

世界観や話の展開には若干のツッコミどころがある(もっと長い連載を想定していたのかもしれない)んですが、それもあまり気にならないくらいのユーモアがありました。

異類婚のきっかけがお金目当てというのがまず面白いし、縁談が進んでもひたすらマイペースな鹿たちが笑えます。反人間派の兄のグループもなんとなく間が抜けていて憎めません。

ファンタジー系ラブストーリーなのに妙に現実的で、でも鹿と結婚するので見た目はファンシーで、そのギャップを笑いながら見ていました。

「完璧な作品ではないけれど、私は好き」と言いたくなる作品でした。好きな人は好きだと思います。

 

それから絵柄も好きなんですよね。わかりやすくきれいじゃないけれどどこか味があって、かわいくて。このストーリーの題材とばっちり合っていると思います。

漫画絵だけれど、過度に萌えっぽくもないし、鹿をかわいく描きすぎない。

後半に収録されているシリーズ「魔女の台所」とはかなり絵柄が違うので、作品によって絵柄を変えてきたのかなと思います。

 

同時収録作の「魔女の台所」はかなり幻想色の強い作品。こういうファンタジー作品はあまり深く考えず、描写の楽しさに身を任せているのがいいかなと思います。

ストーリーやテーマはよくわからない作品ですが、登場人物が楽しそうでわいわいしていて、これはこれでありだと思います。

飯テロ作品かと思いきや、食べ物ではないものを食べだしたり、突然不思議なことが起こったり、ワヤな感じが面白いです。

 

まとめ

「全人類におすすめしたい」というタイプの作品ではないのですが、しみじみ好きな漫画でした。

このユーモアや、どこか達観したような雰囲気が好きな人は楽しめると思います。

試し読みを読んで、気になったら購入してみてほしいです。

鹿娘清美婚姻譚 (ビームコミックス)

鹿娘清美婚姻譚 (ビームコミックス)