ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

前の住人の荷物の不在票が届いたので、問い合わせして返した話

f:id:kazura24:20181211074622p:plain

素材:Canva(https://www.canva.com/

今日の更新は、「前の住人の荷物の不在票が届いたので問い合わせした話」です。

こういうときどうすればいいのか知らなかったので、自分用の覚書もかねて書いておきます。

 

前の住人の不在票をもらって返すまで

家に帰って郵便受けを見ると、不在票が入っていました。

しかし不在票の名前が違います。どうやら前の住人のものらしいです。

ちょくちょくメール便でDMが届いていたので、どうやら宅配便の人に住所変更が伝わっていなかったのでしょう。

DMは捨ててたんですが、さすがに荷物が届かないのは困るだろうということで、問い合わせて知らせてあげることにしました。

 

とりあえず不在票の裏に書いてある「問い合わせ先」に電話をかけてみました。

自動音声で問い合わせ内容を案内され、「その他の問い合わせ」を選ぶ私。

結構忙しいのか、コールしてもなかなか出なかったです。1分くらいまってやっと出てくれました。

「もしもし、〇〇と申しますが。前の住人の不在票が届いて……これ、どうしたらいいですか?」

「申し訳ございません。では、配達員に取りに行かせますので、住所を教えていただけますでしょうか」

取りに来てくれるんですね~。連絡だけするつもりだったのに。

そして住所、伝票番号、電話番号、前の住人の名前を教えました。

 

そして30分くらい後、配達員の方が不在票を回収しに来ました。

「これ、不在票です」

「わざわざありがとうございます」

「いえいえ、お疲れ様です」

これで終了。結構簡単に返せました。

 

まとめ

すぐ終わったのでメール便のDMが来てる時点で教えてあげてもよかったかもしれません。

これで配達員の方の無駄な仕事をなくすことができた……私えらくないですか?

というわけで、Sさん、無事受け取ってくれますように。