ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

並行世界を超えて幽霊になった少女を救え―乙野四方字『君を愛したひとりの僕へ』感想

君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)

今日の更新は、乙野四方字『君を愛したひとりの僕へ』です。

対になっているほうの記事はこちら。

honkuimusi.hatenablog.com

 

あらすじ

両親の離婚によって父親に引き取られた暦は、父の働く研究所で栞という少女に出会う。彼女と惹かれ合う暦だったが、父と栞の母親が再婚することになってしまう。義理のきょうだいは結ばれないと勘違いしたふたりは、並行世界に逃げることを思いつく。

 

男のヤンデレ怖い

読む順番としては僕が愛した→君を愛したの順で正解だった気がします。こっちのほうが解答編って感じだから。

『僕が愛した~』の部分では謎だったシーンがきれいに回収され、ひとつの救済になっていくのが面白かったです。

 

この世界の暦は、和音と付き合うことがなく、代わりに栞という少女と恋に落ちます。ところが義理のきょうだいとは結ばれないと勘違いし、並行世界に逃げようとします。その代償として、栞は脳死状態となり、幽霊になってしまいます。

暦はその栞を救おうと、研究に打ち込みます。

たくさんの苦悩と試行錯誤を経て、暦がたどりついた結論にはええーっとなりました。ある意味ヤンデレだな……。

男のヤンデレ、めちゃくちゃ独りよがりなことが多いので結構好きです。そんなことされて女の子嬉しいか? とほぼ毎回思うんだけど、そういう視野が狭いからこそヤンデレなんだよな……。ストーリー的には面白いんですけどね。絶対に付き合いたくはないな。

そしてこの作品に置いても和音が、キーパーソンとして出てくるのがよかったです。恋人がパラレルワールドでも仲良くしてくれるのって素敵ですね。恋愛感情は抜きで。

 

ふたつの物語がリンクしていき、やがて大きな一つのオチになるのは面白かったです。

二冊セットじゃないと面白さがわかりにくい作品なので、ぜひセット買いをしてほしいです。

さくさく読めるので、SF初心者にとっても読みやすいと思います。

 

 まとめ

リンクするふたつの物語が面白かったです!

男のヤンデレは怖いなと思いつつ、そういう闇が深いところも好きでした。

 

恋愛SFを求めている人はこちらもどうぞ。

 SF恋愛小説のまとめ記事です。

honkuimusi.hatenablog.com