ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

悲壮感が一切ない時間SF―久住四季『七花、時跳び!―Time‐Travel at the After School』

七花、時跳び!―Time‐Travel at the After School (電撃文庫)

今日の更新は、久住四季『七花、時跳び!―Time‐Travel at the After School』です。

 

あらすじ

ある日突然、タイムトラベルができるようになった七花。その先輩の「僕」は、七花とタイムトラベルを繰り返す。それはいつも、とほほな展開になって……? 学校を舞台にしたタイムトラベルコメディ。

 

へらへらして読める時間コメディ

悲壮感が一切ない、わいわいがやがやしたコメディです。へらへら笑って読めます。

その反面、ストーリーは首をひねらないとわからないようになっている部分も多く、噛み応えがありました。

タイムトラベルを繰り返して時間がややこしくなっていくのが、主人公ふたりの小気味いい会話と合わさって、すごく愉快でした。

そしてストーリーにさりげなく、時間に関する世界観が仕込まれているという。その描写で物語が引き締まっていました。

すらすら読めつつ、にこにこ笑え、最後にはオチがある。安心してエンターテイメントとして楽しめる作品でした。

 

あと、ヒロインの七花がかわいいです。健気で素直で、先輩のことが好きで、少し抜けている。こんなかわいい女の子とわちゃわちゃできるなんて主人公がうらやましいです。

先輩のことが好きだけれど好きだからこそ怒ったり、注意したりするところもまたかわいいです。よしよししてあげたい。

脇役たちもいいキャラしていました。さらっと出てくるだけだけれど印象的でした。

 

まとめ

普段コメディはあまり読まないんだけれどこれは楽しかったです。わいわいした感じが面白かったです。

一冊でさくっと読めて、笑える本でした。

七花、時跳び!―Time‐Travel at the After School (電撃文庫)

七花、時跳び!―Time‐Travel at the After School (電撃文庫)