ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

継母となった女性がいきなり子育て初体験―ネコおやじ『初婚でいきなり2人の子持ちになりました』

初婚でいきなり2人の子持ちになりました (すくパラセレクション)

今日の更新は、ネコおやじ『初婚でいきなり2人の子持ちになりました』です。

 

あらすじ・書籍概要

好きになった人は、子持ちだった。シングルファザーと結婚した著者は、血のつながらない子どもたちを育てることになる。それは、葛藤と悩みの連続で……。継母が描く子育てエッセイ。

 

ステップファミリーの母親となった著者の葛藤

シングルファザーとの結婚を決意したからといって、すぐに「親の自覚」が持てるわけではありません。幸い著者は子どもたちに懐かれました。けれど常に「ママ、ママ」と呼びかけられているのも、それはそれで気苦労が多かったでしょう。

継子に嫌われるのが怖くて強く叱れなかったり、「いい母親でいなければ」と帰る前に気合を入れなおしたり、プレッシャーは相当なものだったのだろうと思います。

一方で、夫や、夫の母親など、彼女のいづらさ、複雑な感情を理解しようとしてくれる周りの人たちの存在が温かかったです。

身近な人の態度ひとつで変わることもあるんだな、と再確認しました。

 

著者の家庭では、前妻は病気で亡くなられているのですが、彼女へのやきもちがリアルで興味深かったです。

仏壇が怖くて仏間に入れない、夫の友達に会うとき前妻の話題になって気まずくなる、調理用品が「前妻さんのものなんだ」と思うと複雑な感情になる……。

比べてもどうしようもないこととはいえ、「自分は二番目なんだ」と思ってしまうとどんどんつらくなってしまう著者。誰も悪くないことなのでやるせないですね。

せめて私が後妻の人に会ったら気を使ってあげたいです。

 

まとめ

自分では体験したことのない話だったので、面白かったです。

三組に一組が離婚する現代、ステップファミリーもどんどん珍しくなくなっていきます。こういう家庭にはこういう悩みがあるんだな、と理解することがまず必要なんだと思います。

初婚でいきなり2人の子持ちになりました (すくパラセレクション)

初婚でいきなり2人の子持ちになりました (すくパラセレクション)

 
ステップファミリーのきほんをまなぶ-離婚・再婚と子どもたち

ステップファミリーのきほんをまなぶ-離婚・再婚と子どもたち