ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

オタクによる節約漫画で話が面白い―横山光昭監修・つぼゆり画『お財布を小さくしたらお金が貯まりました』

お財布を小さくしたらお金が貯まりました。 (コミックエッセイ)

今日の更新は、横山光昭監修・つぼゆり画『お財布を小さくしたらお金が貯まりました』です。

 

あらすじ・書籍概要

グッズを集めるのが大好きなオタクで、いつもお金がない著者。彼女がお金の専門家横山光昭のアドバイスによって、お金の管理を見直す。まずは、マジックテープの小さい財布を使うところから……?

 

 普通の節約漫画だけれど話が面白い

こんな怪しいタイトルだけれど実際には普通(?)の節約テクニック漫画です。

漫画はオタクで金遣いの荒いダメダメな著者に監修者がアドバイスする形式で進みます。内容的には真面目なはずなんですが、ギャグシーンがいちいち秀逸で笑ってしまいますね。

たぶん監修者はこんなこと言ってない気がします。こんな面白会話が現実だったらびっくりするわい。

私、普通のことを面白おかしく描く人のことが好きなんですよね。

著者はすごくオタクなので、その意味でもすごく親近感がありました。

 

節約漫画としてはとりたてて珍しいことを言ってはいないけれど、逆にこれから節約を始める人にはとっつきやすいかもしれません。話も面白いし。

個人的には「三か月に一度模様替えをする」というアイデアが楽しそうでいいなと思いました。私も絵をかけかえましょうかね。

あと基本的に節約はしても「無理はしない」というスタンスがいいですね。お金は使うけれど、ポイントを絞るところが参考になりました。

 

タイトルになっている、お財布を小さくする話は本当に序盤にしか出てこないです。漫画を手に取らせるためだけのタイトルですね。ちょっと小説家になろう作品と同じノリを感じますね……。

 

まとめ

内容としてはベタではありますが、話が面白いので楽しく読めました。愉快な気持ちで情報収集したい人にはいいのではないでしょうか。

 いい意味でコミカルな、漫画らしい作品でした

お財布を小さくしたらお金が貯まりました。 (コミックエッセイ)

お財布を小さくしたらお金が貯まりました。 (コミックエッセイ)

 
“一週間サイフ

“一週間サイフ"で楽々お金が貯まる