ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

怖くて魅力的なSF・ファンタジー短編集―藤崎竜『藤崎竜短編集1 WORLDS ワールズ』

藤崎竜短編集 1 WORLDS ワールズ (ジャンプコミックスDIGITAL)

今日の更新は、藤崎竜『藤崎竜短編集1 WORLDS ワールズ』です。

 

あらすじ・書籍概要

目覚めると、そこは知らない世界だった。かつていた世界は夢であり、ここが、真実の世界らしい。だが、主人公アルは過酷な現実に耐えられず……。表題作、デビュー作を含む、五編を収録したSFファンタジー短編集。

 

不穏で幻想的な世界観がずごい

漫画としてはツッコミどころもありますが、とにかく世界観がすごいです。グロデスクなほどに書き込まれた背景、幻想的で不穏な設定、そこで活躍する一癖あるキャラクターたち。それらが一体となって漫画に圧を与えています。

読み切りなので「俺たちの戦いはこれからだ!」といった感じに終わっている話が多いんですが、それでもこの世界観は面白いです。

 

特に好きだったのは表題作『WORLDS』ですね。目覚めると、かつていた世界とは別の世界だった。医者のWN-44に覚醒させられた主人公のAL-3ことアルは、夢とは違って過酷で残酷な世界から逃避したくなってしまうが……という話。

かなり悪趣味だしオチも後味が悪いのですが、それと同時に一種のかっこよさもあって魅力的でした。

イヤな気分になりつつも、どこか惹かれてしまう。まるで誘蛾灯のような作品でした。

 

あと本題とは関係がないんですが、おまけページが「一昔前の同人作家感」があって少し笑ってしまいました。文化は私よりもお姉さんの世代なんだけれど、こういう雰囲気は商業作家も一緒だったんですね。

 

まとめ

消化不良の部分もありましたが、それでも面白かったです! 幻想SFが好きな人にはおすすめです。

とにかく世界観が楽しかった!

藤崎竜短編集 1 WORLDS ワールズ (ジャンプコミックスDIGITAL)

藤崎竜短編集 1 WORLDS ワールズ (ジャンプコミックスDIGITAL)

 
藤崎竜短編集 2 DRAMATIC IRONY ドラマティックアイロニー (ジャンプコミックスDIGITAL)

藤崎竜短編集 2 DRAMATIC IRONY ドラマティックアイロニー (ジャンプコミックスDIGITAL)