ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

腐女子とラノベ作家よ、末永くお幸せに!―壱月龍一『ラ・のべつまくなし3 ブンガクくんと腐埒なるキホーテ』

 

ラ・のべつまくなし3 ブンガクくんと腐埒なるキホーテ (ガガガ文庫)

今日の更新は、壱月龍一『ラ・のべつまくなし3 ブンガクくんと腐埒なるキホーテ』です。

 

あらすじ・概要

順調に作品を執筆していた学だったが、『かみたまっ』の部数が落ち込みぎみだということを知る。一方で、他の出版社から「うちで書かないか」という誘いが来る。学は、ふたつの悩みの中で板挟みになってしまう。

 

 

キャラクターをバランスよく書く能力がある

今回は、キャラクター達をバランスよく書こうと気を配っているところがよかったです。

 

学をライバル視している萌命(ほうめい)、強引な編集者春日(かすが)も、鬱陶しいんだけれどところどころで「いいところあるんだな」と思わせてくれるキャラです。その塩梅が素晴らしいですね。

萌命は学の能力に嫉妬していますが、それは「ライトノベルが好きだ」と自負しているからです。自負しているからこそ誘われて書いて、ヒットさせた学をライバル視してしまうんですよね。

春日も、あれこれ学に指示を飛ばしますが、なんだかんだで作品のことを思ってくれています。

そういうテンプレではない「いいやつ」っぷりが愛しかったです。

 

恋愛パートは女の子と仲良さげな男が現れて……というありがちなすれ違いなんですが、それを通して明日葉と学がお互い素直になれたのがよかったです。

しかしラストのアレ、やっぱり明日葉は危険な腐女子だと思いましたよ! 私個人としては関わり合いになりたくないな……。

まあ私が明日葉をヤバい女だと思っていても、学はそれで幸せなので、仕方ないな……と思っているんですけれどね。

そしてそう思わせてくれるところがこのシリーズのいいところでした。腐女子の描き方としてはどうかと思うんですけれど、話に整合性があるから許してしまいます。

納得させられてしまうという意味で、筆力のあるラノベでした。

 

『ラ・のべつまくなし3』まとめ

相変わらず明日葉はヤバい腐女子だけれど、学が幸せそうなのでよしとします。

ラノベに対するこだわりがあって面白かったです。末永くお幸せに!

 

ラ・のべつまくなし (ガガガ文庫)

ラ・のべつまくなし (ガガガ文庫)

 
ラ・のべつまくなし3 ブンガクくんと腐埒なるキホーテ (ガガガ文庫)

ラ・のべつまくなし3 ブンガクくんと腐埒なるキホーテ (ガガガ文庫)

 

 

 

関連記事