ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

君は宮城県岩沼市のおじさんマスコットキャラ「岩沼係長」を知っているか?

 

f:id:kazura24:20191007090511j:plain

私には推しているゆるキャラがいます。その名は岩沼係長。宮城県岩沼市のゆるキャラです。

しかしファンが少ない上グッズも通販がなく、なかなか推しづらい日々が続いています。

有名になればもっと供給も増えるはず! 少しでも岩沼係長について知ってもらいたいとブログ記事を書きました。 

 

岩沼係長とは

まず一目見て注目すべきは、おじさんのゆるキャラだということ。

なぜおじさんにデザインしたかについては、コンセプトに書かれています。

 岩沼市は近隣の市町村に比べて若干知名度が低く、ともすれば「地味」なイメージをもたれてしまうこともありました。
 「岩沼といえば○○!」といった特徴的な観光スポットや特産品は少ないけれど、今までも、これからも、地道にコツコツと歩み続ける街。こんな岩沼市のイメージを擬人化すると、平凡だけど実直な、中間管理職のおじさんになりました。
 岩沼係長は地元の産業を支える働き者のサラリーマンであり、家族を愛し、地域を見守る「お父さん」のような存在でもあり、岩沼市の魅力をPRして、岩沼市のファンになってくれる方をもっと増やすという使命を持った「宣伝係長」でもあります。
 全国に数え切れないほどの個性豊かなゆるキャラがひしめき合う中で、岩沼係長は「日本一地に足の着いた」マスコットキャラクターを目指します。

(岩沼市HPより)

 「目立った特産品や観光スポットがないから、地味なおじさんにしてしまおう」という一種の自虐じみた発想から生まれたゆるキャラなのです。

岩沼係長は岩沼市の工業団地に務めているという設定の、サラリーマンゆるキャラでもあります。ゆるキャラが勤め人……。マジで?

そんな「一般人」をデフォルメしたような岩沼係長が私は好きなわけです。

 

岩沼係長が好きな理由三つ

普通のおじさんがゆるキャラという突飛な設定

まず述べるべきはその設定でしょう。おじさんがゆるキャラ。しかも普通の。

岩沼係長のデザインには、岩沼ならではのものが一切使われていません。作業服と安全服、目が透けない眼鏡。しいて言うなら名札の「岩沼」だけが岩沼のキャラクターであることを示しています。

しかし、岩沼係長は普通のおじさんだからいいんですよ!

かわいい動物やシュールな絵柄に頼らず、あえて普通の、眼鏡をかけたおじさんがゆるキャラとしての仕事を担う。それこそが岩沼係長のコンセプトであり、作り手側が「岩沼」という土地に込めたコンセプトでもあります。

突飛な行動をして目を引いたり、SNSできわどい発言をするゆるキャラも多い中、岩沼係長はいつも「普通」。それはまるで、生まれ育った故郷のようです。

安心できるキャラだからこそ、安心して推せる。そんなキャラクターです。

 

SNSの口調が「係長」

岩沼係長は「真面目なサラリーマン」というコンセプトなだけあって、TwitterやInstagramの文面もかなり真面目です。

一人称は「私」、基本敬語のツイート。淡々と岩沼の情報を発信していく内容。たまに気安いため口が混じる。

私こういうしゃべり方に弱いんですよね……。漫画や小説、ゲームのキャラでも「私男」が好き。

ただ流すだけでは無味乾燥なお知らせツイートも、「岩沼係長」というキャラクターを通せば途端にかわいく思えてきます。そのフィルターひとつで様変わりする解釈の違いも面白いです。

 

イラストの種類が豊富

岩沼係長は、おそらく公式のイラストレーターさんが頑張ってくれているのだと思いますが、イラストの種類が豊富です。

ジャージ姿で走っている岩沼係長、

料理人姿の岩沼係長。サラリーマンという設定は何だったのか。

マイクに向かう岩沼係長。新規絵がよく増えるので飽きません。こういうゆるキャラの絵って、同じものをずっと使い回すことも多いので、多いと純粋にうれしいんですよね。

推しの供給が多くて生きるのが楽しい。

 

 岩沼係長運営サイドにこれから求めること

まず、岩沼の外に住んでいる人間でも買えるグッズを増やしてください。

故郷大阪では岩沼係長グッズがにしきやのカレー以外何も買えないので、わざわざ岩沼まで行きました。ガチです。私はそのくらい本気です。

f:id:kazura24:20191222161554j:plain

このぬいぐるみがほしかった。 

それからせっかくイラストがたくさんあるので、それ関連のグッズも出してほしいです。印刷物は在庫が出るから難しいとして、LINEスタンプ第二段とか……LINE着せ替えとかほしいです。

あと岩沼に行ってみて思ったんですが、グッズを売っている店がすっごくわかりにくいところにあって土地勘のない人間には大変でした。ほとんどの店が最寄りのバス亭を書いてないし。その辺わかりやすくしてもらえると助かります。

担当者の方、どうぞよろしくお願いいたします。

 

まとめ

私が岩沼係長にどれだけ本気かお分かりいただけたかと思います。

画面の前のあなたも岩沼係長のことが好きになってきたのではないでしょうか? ぜひぜひ岩沼の星、岩沼係長をよろしくお願いします。

岩沼市プリントTシャツ

岩沼市プリントTシャツ

  • メディア: ウェア&シューズ