ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

Evernoteで小説を書く5つのメリット!クラウドメモアプリで文章を作ろう

 

f:id:kazura24:20200122074042j:plain

 

「小説書くテキストエディタ何使ってる?

「Evernote」

「Evernoteって何?」

と聞かれるので、今回は小説執筆においてEvernoteを使うメリットについて語ります。

 

Evernoteとは?

Evernoteはクラウド上に文章を保存できるメモアプリ。つまりローカルに保存するのではなく、ウェブ上に保存されるメモだということ。

複数の端末でノートを編集できるほか、誰かとノートを共有することもできます。

書類のスキャン機能や、画像のアップロード機能もあるので議事録として使っている人も多いです。

evernote.com

 

1.保存ミスが少ない

Evernoteの第一のよさは保存ミスが少ないことです。

書いているものが自動的に保存されるため、「上書き保存を押すのを忘れた」「保存する前にテキストエディタが落ちた」ということがありません。これは本当に便利です。

ただ、「ノートの競合」というものがあります。複数のデバイスでEvernoteを操作したとき、同期をちゃんとしないと、枝分かれするように「誤字を直したAと誤字を直さずに続きを書いてしまったB」ノートができてしまいます。そこだけは注意。

 

2.スマホでもPCでも使える

Evernoteはブラウザ版とスマホアプリ版があります。そのふたつでアカウントを共有し、スマホで書いた文をPCで編集できます。もちろん逆もできます。

それによって通勤電車や病院の待ち時間、職場の休憩時間でも小説が書けるようになりました。

家に帰ってブラウザ版で推敲し、小説SNSにコピペして投げたら作品の完成!楽ちんです。

スマホ入力で文章を書くのが苦手な人はBluetoothのキーボードと併用するとパソコンと同じように打てますよ。

 

3.Evernote全体を検索できるのでなくしたデータを見つけやすい

パソコンで原稿していると「あのデータどこにやったっけ……」ってなりますよね。

Evernoteはアカウント全体のノートをまとめて検索できるので、キャラの名前やタイトル、印象に残っている台詞で検索するとお目当ての小説が出てきます。

すぐデータをどこに保存したか忘れるズボラな人間としてはありがたい機能です。

 

4.最後に編集した作品が一番上に来るのでわかりやすい

Evernoteは最後に編集したノートが一番上に来ます。地味な機能だけれどこれが結構便利なのです。

まずフォルダを開いて、データを探して……という作業がなくなるのが大きいです。書きたいと思ったときはアプリかブラウザ版を開いてすぐ書き出せます。

 

5.動作が軽くて使いやすい

そしてEvernoteは動作が軽い!

クラウドで文章を書くとき、グーグルドライブを使っていたこともあるのですが、こちらは動作が重いときがありました。しかしEvernoteは動作がサクサクしていて書きやすいです。

今のところ、通信環境が悪いとき以外はスムーズに文字を打てます。ローカル環境と変わらない早さなので書いていてストレスになりません。

 

以上です。Evernoteに興味を持った方はぜひ使ってみてください。

EVERNOTE Perfect GuideBook [改訂第2版]

EVERNOTE Perfect GuideBook [改訂第2版]

 
ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由

ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由

  • 作者:倉下 忠憲
  • 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)