ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

花田菜々子『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと (河出文庫)

今日の更新は、花田菜々子『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』です。タイトル長い。

 

あらすじ・概要

夫と別居状態に陥った著者は、Xという恋愛目的に限定しない出会い系アプリに登録する。本が好きでヴィレッジヴァンガードの店長をしていた著者は、そこで本をすすめることを思いついた。Xで出会う個性豊かな面々に本をすすめているうちに、著者は自分の人生に向き合っていく。

 

こんな人におすすめ

  • 普通の暮らしができないことにコンプレックスを抱いている人
  • 本が好きな人
  • 変わったことをしている人が気になる人

 

普通の人の世界で生きていけないコンプレックスの中で

著者は一言で言うと「変な人」です。出会い系に登録して本をすすめよう! となるところから始まって、変人ぞろいのヴィレッジヴァンガードで働くことに生きがいを感じ、別居しているとはいえ夫がいるのに特定の男性とあっています。

しかし、心のどこかで「普通の人の世界」で生きていけないことにコンプレックスを持つ彼女に、私は共感してしまいました。

普通の人の世界で生きていけないから、個性豊かな人と付き合う著者と、普通の人の世界で生きていけないから人づきあいを断ってひとりでブログを書いている私。方向性が違えど繋がっているのですよね。

自分で選んだ道のはずなのに、どこか寂しさを抱えている。Xにいた女性にコーチングしてもらった著者が、心情を吐露し号泣したシーンで、わたしもしんみりしてしまいました。

 

手探りながらもXで人と出会いまくり、本をおすすめしていく著者。中にはセックス目的の人や、自分の創作小説を見せようとしてくる人もいます。そんな面倒な人がいてもなんだかんだで人に会い続ける著者はすごいですね。私なら途中でめんどくさくなってきます。

でもそんな人と出会うめんどくささを引き受けたからこそ、ラストで自分の人生を歩き始めた著者が輝くのでしょう。

 

 著者は変わり者なので「すべての人が共感!」というような作品ではありません。しかしわかる人にはめちゃくちゃわかる話だと思います。わからない人には、おもしろ人間のエッセイとして読めるのではないでしょうか。