ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

飼育しにくい野生の鳥を買う苦労―犬飼ヒロ『カラス飼っちゃいました』

カラス飼っちゃいました

今日の更新は、犬飼ヒロ『カラス飼っちゃいました』です。

 

あらすじ・概要

ある日、動物好きの著者は傷ついたハシボソカラスを拾い、病院に連れて行った。けがで二度と飛ぶことができず、また持病もあるそのカラス。野生に戻せず自宅で飼うしかないらしい。かくしてカラス、かぁ子りんとの格闘が始まった。その鳥は、根本的にペットに向かない生き物だった……。

 

カラスは飼いたくないけど面白かった

てっきりカラスの意外なかわいさやら面白さを述べるのかと思っていたのですが、基本的に語られるのは「カラスがいかに飼育しにくい鳥であるか」でした。まったくうらやましくありません。

声がうるさい、わがまま、臭い、トイレのしつけができない。家畜化されていない野生動物をペットにするということの難しさを存分に味合わせてくれる漫画です。

でもそんなカラスを、まがりなりにも「かわいい」と思っている著者は本当に動物が好きなのだと感心しました。

 

そしてそんな風に著者を振り回しながらも、かぁ子りんがしっかり人間になついているところが面白いです。えさをねだったり、撫でられて喜んだり。街中で見ると結構怖いんですが、飼育すれば人間とある程度コミュニケーションを取るようになるんですね。

なつく鳥だからこそ、わがままな態度を取るところがちょっと腹が立ちますが、まあ動物の飼育ってそういうものですよね……。

 

これを読んで「カラスが飼いたい」とは思いませんが、普段見ているカラスの意外な一面を知ることができて面白かったです。

カラス飼っちゃいました

カラス飼っちゃいました

  • 作者:犬養ヒロ
  • 発売日: 2015/06/22
  • メディア: Kindle版
 
あにまるまにあ

あにまるまにあ

  • 作者:犬養ヒロ
  • 発売日: 2017/03/09
  • メディア: Kindle版