ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

わかりやすさとステレオタイプは紙一重―『キックボクサー』

キックボクサー (字幕版)

 

あらすじ・概要

アメリカの男性、カートは、キックボクサーの兄に連れられてタイにやってくる。そこで兄はタイの王者トン・ポーに敗北し、体に障害が残ってしまう。カートは復讐を決意し、達人キサン・チョウに弟子入りした。過酷なトレーニングに耐え、カートはトン・ポートの決戦に備える。

 

白人男性をちやほやするためのシナリオ

白人男性向けの自己投影チート小説みたいな映画でした。

外国人である自分をちやほやしてくれる周囲、邪悪でいい感じに負けてくれる敵。主人公に都合のいいキャラしか出て来ません。

タイの人々の描写もステレオタイプで、大人しくて一途なトロフィーガールや、古来の技を教えてくれる師匠(中国混ざってません?)を見ているとありがちでちょっと引きますね。

そもそも外国人がその国のトップスポーツ選手を負かすっていうのは、大々的には喜ばれないですよね。大相撲見てたらわかる。

 

一方で、この作品が面白くないかというと、それが結構面白いんですよね。なぜかというとわかりやすいから。

どんでん返しもなく筋書き通りに進み、そしてその筋書きに無駄がありません。ステレオタイプも、説明を省略するために功を奏してしまっています。

ただその「わかりやすさ」によって、そぎ落とされて無視されているものもたくさんある、と感じてしまいます。私はアジア人で、タイの人の肩を持ちたくなるから……。

 

エンタメ的わかりやすさと、偏見やステレオタイプは紙一重だと感じました。

キックボクサー (字幕版)

キックボクサー (字幕版)

  • 発売日: 2015/08/12
  • メディア: Prime Video
 
キックボクサー (Kickboxer)

キックボクサー (Kickboxer)

  • メディア: Prime Video