ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

食いしん坊イラストレーターは東京ならではのグルメを巡る―たかはしみき『東京もぐもぐおいしいもの探し』

東京もぐもぐおいしいもの探し (ねーねーブックス)

 

あらすじ・概要

食べることが好きな著者は、東京のグルメエッセイの仕事を引き受ける。東京ならではのグルメを求めていると、自然と老舗路線になり……。歴史の深い東京のグルメスポットや、東京だからこそできる体験、東京のおみやげを紹介するイラストエッセイ。

 

おいしそうだし行きたくなる

普段あまり食べ物系のエッセイは読まないんですが、これは面白かったです。何より描写が詳しくて「行ってみたい」と思わせる力があります。

食べ物のイラストもものすごくリアルというわけではないけれどおいしそうで、著者の画力を感じます。

 

東京の老舗ってどうしても近寄りがたいんですけど、著者が行ってみていろいろ体験したことを描いてくれるとちょっとハードルが下がる気がします。

今はコロナがあるからなかなか東京へは行けませんが、感染者が減ったタイミングでいつか行けるといいですね。

 

作品の本題とは関係ないんですが、東京のおみやげの章で私の好物「ごまたまご」が9個入り600円台で売られていて時代の流れを感じました。今は10個で1000円くらいするんですよね。

食品価格の高騰を感じます。