ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

KindleUnlimitedで学習漫画を読んだので10冊感想を書く

[山善] 机 幅90×奥行59.5×高さ112cm 傷や水に強い天板 棚板高さ調節可能 2口コンセント 上棚取り外し可能 組立品 ホワイトウォッシュ FDS-9060(WW) 在宅勤務

最近なかなか難しい本を読む時間が取れないので、KindleUnlimitedでいろいろ学習漫画を読んでみていました。その記録です。

 

 

春原弥生・佐々木隆宏『マンガでおさらい中学数学』

知っていることが多かったけれど、知っていることが描かれているのに意味があります。数学に縁遠い生活を送っているので、そうそうこういう話あったなあと思い出せただけでもよし。

数学的な言葉の意味は大分忘れている部分があったので思い出せてよかったです。

しかしグラフの見方や統計の扱い方なんかは私が中学生のころにはあまりやらなかった記憶があるので、指導要領が変わったんでしょうか……。忘れているだけかもしれませんが。

 

川畑智・遠藤英俊・浅田アーサー『マンガでわかる!認知症の人が見ている世界』

漫画と文が交互に入っている本。

認知症の世界について知れたと同時に、高齢者の幸せについて真剣に考えている人がいるということに少し安心する本でした。

老後について暗い話ばかりだと落ち込むから、優しい話が読めてよかったです。

 

夏目漱石・高橋ユキ『こころ』

学生のころに読んだきりなので描写が正確なのかはわかりません。すっかり忘れてしまいました。

でも本当に「お嬢さん」は最後までかやの外で、男と男のめんどくさい感情だけで話が進んでいきます。めちゃくちゃホモソーシャルだよな~。

お嬢さんは本当にかわいそうだし、こんな男にめげず自力で幸せになってほしいです。

こころ (名著をマンガで!)

こころ (名著をマンガで!)

Amazon

 

太宰治・さちみりほ『ヴィヨンの妻』

ぬるいけど性暴力のシーンがあるので苦手な人は読まない方がいいです。

絵柄とストーリーがすごく合っています。漫画として面白い。着物の柄や背景の植物もきれいで好きです。

主人公の夫のクズっぷりと美形っぷりが最高に耽美。本当にろくでなしなんだけれども、女性視点だとこういう人間に惚れちゃうのって少しわかるんですよね。

しかしここまで自分をネタにするのもすごいですね……

原作は未読なので、元気になったころ機会があったら読みたいです。

ヴィヨンの妻 (名著をマンガで!)

ヴィヨンの妻 (名著をマンガで!)

Amazon

 

中村ユキ『マンガでわかる! 統合失調症』

何気なく読んだら思った以上に情報量の多い本でした。統合失調症について、基礎的なことはわかるのではないでしょうか。

病気のあらまし、治療だけではなく受けられる福祉サービス、病気のコントロール方法などにも触れられていて、統合失調症になった人、それをサポートすることになった人にはおすすめできる本です。

ところどころ描かれる著者の母親のエピソードも参考になります。

 

ぬまがさワタリ『ぬまがさワタリのゆかいないきもの(秘)図鑑』

正確にはイラスト本だけど同じくくりでいいでしょう。

元々私が動物好きなので調べて知っている話も多かったですが、紹介されている動物の種類が多く読みごたえがありました。哺乳類から無脊椎動物までバリエーションも豊か。

ペット目的の乱獲についても触れられていて、社会的なエピソードもあり。子どもがいる人は一緒に読んでもいいかもしれません。

ただ、一部のページの文字と背景のコントラスト差が少ないので読みづらいです。色覚異常の人はキレるんじゃないかこれ。真っ青な背景に黒文字はさすがにきつい。

 

ぬまがさワタリ『図解 なんかへんな生きもの』

前述の本と少し被る部分もあるけれど概ね面白かったです。こっちはパロディ・ネタ描写大目でコミカル。オタクっぽいネタ大目でそこは好みが分かれるかもしれないんですけど、ノリが合えば楽しいと思います。

巻末に参考文献が載っているのも嬉しいです。自分で調べたくなったとき当たれるのは助かります。

 

おがたちえ『「まだ元気!」なあなたのための終活のはじめかた』

だいたい想像したような情報が多かったんですが、改めてまとめられると「やらなきゃな……」と思います。遺産は分けるようなものないですけど、連絡してもらう友達については残しておいた方がいいような気がします。

不安を煽るような内容ではなく、むしろ老後を安心して過ごすための情報だったので気楽に読めました。

 

デアゴスティーニ編集部『そーなんだ! おもしろテーマシリーズ なんでもはじまりストーリー』

これは面白かったです。眼鏡のなりたちとか携帯電話のなりたちとか楽しい。ファンタジーで「なんでこの世界に〇〇があるんだよ」というツッコミがありますが、こういう現実のなりたちの部分からネタを拾ってもいいかもしれません。創作者にはおすすめ。

ただ、昔の本なだけあって、「これは前に否定された説じゃなかったっけ?」という部分もあったので詳しく知りたい人は他の本でも読んでみたほうがいいかもしれません。

あと字が細かいのでタブレットじゃないと見づらいです。

 

『そーなんだ! おもしろテーマシリーズ お金のしくみ』

だいたい知っていることが多かったですけどペイオフのくだりは詳しく知らなかったですね。まとめて読むと何だかんだ細かいところは知らないところが出てきます。

銀行には1000万円以上預金しないようにしとかないと……。