ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

アイビスペイントとスマホで漫画を描いてみたのでメリット5つとデメリット2つを挙げる

 

アイビスペイント公式ガイドブック

 

 

お絵かきアプリはメディバンペイントを使っていたんですが、アイビスペイントに乗り換えました。

それを使ってスマホで漫画を描いてみたので、メリットとデメリットを書きます。

 

メリット

UIがわかりやすい

UIがかなりシンプルなので感覚的に使いやすいです。マニュアルを見なくてもなんとなくで操作できるのはありがたいですね。

 

動作が軽快

スマホとタブレットで使っていますが今のところ突然落ちることは少なく、ロード時間もそれほど長くないので快適です。

 

有料版が買い切り

広告が表示されない有料版は月額制ではなく買い切りなところはありがたいです。サブスクに一度入っちゃったらやめにくいんですよね……。

 

公式で講座・チュートリアルを用意してくれている

メディバンペイントもそうだけど公式で講座を用意してくれるのは助かります。ヘルプ充実してないソフトって多いんですよね~。

 

コマ割り機能がある

無料のお絵かきアプリにはコマ割り機能がないものも多いので助かります。一から自分でコマ割るの大変なんですよね。

 

デメリット

矩形選択ができない

矩形選択というのは要は「四角い形で選択機能が使えない」ということですね。

漫画のコマに写真をはめ込むには一工夫必要になるのでちょっと面倒くさいです。

 

「描く」以外の機能の場所がわかりにくい

絵を描く! にはいいんですが、ちょっとここを加工したいなと思ったときにどこに機能があるのかわからないときが結構あります。

お絵かきツールだからお絵かき機能が優先されるのは当たり前かもしれませんが、加工は別アプリでやったほうが早いかもしれません。

 

 

まとめてみるとあまりデメリットらしいデメリットはないかもしれません。とりあえずしばらくはアイビスペイントで描いてみるつもりです。