ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

脳梗塞になった実体験を漫画家志望がコミカルに語る―あやめゴン太『33歳漫画家志望が脳梗塞になった話』

33歳漫画家志望が脳梗塞になった話 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

あらすじ・概要

ある日、仕事に行くときに左半身に違和感を覚えた著者。そのまま出勤してしまうが、すぐ病院に行き、そこで脳梗塞と診断される。一刻を争う状態と言われ即入院、治療とリハビリを開始することとなる。脳梗塞になった人だからこそ描ける、闘病記漫画。

 

ちゃんと食生活に気を付けよう~!!

健康番組などで見かけるので、脳梗塞のこともなんとなくは知っていましたが、こうして具体的な実体験になるとその恐ろしさがわかります。

左半身が動かないだけで意識がはっきりしているのに即入院させられ、いろんな管に繋がれ、さまざまな検査を受けさせられる。

そして直面する、「左手がもう動かないかもしれない」という現実。幸い著者は右手は無事だったので、漫画を描くことはできました。しかし食事がうまくできない、お風呂にも入りにくいという困難を抱えます。

著者はたまたま回復がよく、ほぼ以前と同じように体が動くようになりましたが、それはとても幸運なことだったのでしょう。

とりあえず生活習慣には気を付けよう、体が動かなくなったら即救急車を呼ぼう……と思いました。

 

おまけとして著者の姉が、脳梗塞になった妹を心配しストレスを感じてしまう漫画があり、心が苦しくなりました。命にかかわる病気であれば家族もつらいですよね。

でも仲のいい姉妹でうらやましいですね。著者は恩返しをしてあげてほしい。

 

内容自体はシリアスですが、漫画のテンポがよく、コミカルなので気軽に読める内容でした。闘病記漫画が好きならおすすめです。