ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

『Markdownライティング入門』藤原惟 技術の泉シリーズ

このブログには広告・アフィリエイトのリンクが含まれます。

Markdownライティング入門 プレーンテキストで気楽に書こう! (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

 

あらすじ・概要

簡単な記号やスペースで見出しやリストを指示するMarkdown。初めてMarkdownを使う人のために、その始め方を解説する。Markdownの成り立ちや、Markdown特有の方言の派生についても触れる。Markdownがどんなものかわかる本。

 

Markdownとは何か、どう使うものかを解説する

 

HTMLで見出しやリストの設定をするのが煩雑だったことから生まれたMarkdown。プレーンテキストの状態で記号で書式を指定し、対応するツールで表示することもできます。

「ブックワームのひとりごと」ではてなブログもそのツールのひとつです。

 

Markdownのメリットは、キーボードだけで見出しやリストの指示ができ、なおかつMarkdown形式がシンプルなところです。

HTMLで書くと素人には何が書いてあるのかわかりませんが、MarkdownはシンプルなのでMarkdownを知らない人に見せても概要をつかんでもらえます。

一方で、半角記号をたくさん使わなければならないなど、日本語とは相性が悪い部分もあります。日本の全角半角の違いってややこしいですよね。

 

私もMarkdownやってみようかな、と思ったところで著者の「Markdownは器用貧乏」という評価に笑ってしまいました。Markdownの入門書のなのに「Markdownはすごい!」ではないんですね。まあ技術というものはそんなものかもしれません。嘘をつくより誠実ではありますしね。

 

 

 

 

honkuimusi.hatenablog.com