ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

『モノがなくても、大丈夫!』麻生夕貴 ナンバーナイン 感想

このブログには広告・アフィリエイトのリンクが含まれます。

モノがなくても、大丈夫!

 

あらすじ・概要

無駄なものばかり買って捨ててを繰り返していることに気づいた著者は、ものを最小限にして暮らすことにした。ものを捨てることで生まれる、思い出との別れの物語。捨てることで自分と向き合うコミックエッセイ。

 

捨てることで自分の過去を振り返る

自分がこういう生活をしたいわけではないですが、話のネタとしては面白かったです。

 

断捨離する人も、ただ漫然とものを捨てているわけではなくて、ものとの別れをするときにドラマが生まれます。

過去のわだかまりを解消するために捨てたり、執着心から逃れるために捨てたり。思い出の品やプレゼントを捨てるたびに、著者は過去の自分と向き合うこととなります。

正直に書いているところが面白かったです。

 

こういう本を読んでいると、私もいろいろ捨てなければな……という気持ちになってきます。好きで持っているのならいいですが、なんとなく執着心を持って捨てられないでいるものが多いです。少しずつでもいいから、捨てていかなければ。

とりあえず商品のビニール袋や箱はなるべく早く捨てようと思いました。著者が捨てている場面で捨てていないのを思い出しました。

 

 

しかし洗剤類は混ぜたり用途と違う使い方をしたりすると危険なこともあるので、ラベルを剥がすのはやめてほしいです。せめて注意書の部分は残して。

 

 

 

 

honkuimusi.hatenablog.com