ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

心を壊した人間たちが自分の人生を取り戻す 中村九郎『ロクメンダイス、』感想

ロクメンダイス、 (富士見ミステリー文庫)

一巻完結ライトノベルのおすすめにあった本です。

 

あらすじ

心に傷を抱えた人々が集まる《六面ダイス》。その中でも重い症状を持つチェリーを救うため、主人公ハツは奮闘する。六面ダイスの面々も巻き込み、事態はますます混乱していくが……。

 

恥ずかしいけれど懐かしい

あらすじに「こっ恥ずかしい話」と書いてあるけどまったくもってそうですね。正直なところ中二病の中学生が考えそうな作品です。

でもそれが逆に、この作品の個性になっていると思います。恥ずかしいものを恥ずかしいまま書いてしまうのも、場合によっては面白いのだなと気づかされました。

疾走する思春期の不安定な心情が、幻想的な描写やストーリー展開になっていくのは美しかったです。

うまく生きられない、世の中から疎外されているような気分を、物語に変換して書ききったのはよかったです。

むずがゆくなるような恥ずかしさと同時に、青春時代を思い出す懐かしさを感じる作品でした。

 

小説としてはまだ未熟

ただ、小説として未熟なところも結構ありました。

シリアスなシーンで長い説明が唐突に入るので、話の腰を折られた感じがして読みにくかったです。

それから、「明らかにちゃんと調べずに書いてるな」という専門用語の使い方の雑さ。フィクションだから別に間違っててもいいんですけれど、調べてないことが丸わかりなのは萎えてしまいますね。

この辺はデビュー作なので、もっとあとの作品ならもう少し上手くなっているかもしれません。機会があったら確認したいと思います。

欠点があったとしても、なんだか嫌いになれない、不思議な魅力を持った作品でした。

 

まとめ

小説としてはかなり荒いところもありますが、個性が強くてそこがよかったです。直球で恥ずかしいものを書いてのける能力は評価したいです。

熱心なファンがいるのも、なるほどなと思う作品でした。

ロクメンダイス、 (富士見ミステリー文庫)

ロクメンダイス、 (富士見ミステリー文庫)

 
樹海人魚 (ガガガ文庫)

樹海人魚 (ガガガ文庫)